【近親相姦えっち体験談告白】父親の再婚で出来た美少女の義妹とのラブストーリー

【義妹との体験談】1つ下の妹は、血のつながらない義理の妹。ある日、ハプニングがきっかけで2人の距離が急接近し…
父の再婚によって出来た1つ年下の義理の妹。学内でも可愛くて有名の彼女。もちろん義理でも妹なので手出しはしないハズだった。ある日、スプーンを通して間接キスをした2人。お互いに意識してしまい、次の日に告白をしてしまう。想いが通じた後は…
118rtp00068jp-3

僕には一つ下の妹がいる。

学校では常に男子の話題になる、可愛い妹だ。

でも誰もこの事は知らない、兄妹で付き合っている事を。

それはある日、突然の災難?から始まった。

「お兄ぃ・・・何してるの?」

深夜二時頃、甘いものが食べたくなって冷凍庫のアイスを漁っていた時、妹の美菜が目を擦りながらキッチンに入ってきた。

「げっ・・・。」

美菜は大切な妹だし、家族的意味で好きだ。

美菜は、父親の再婚で今の母親と家に来たのだが、義理でも妹。

手は出すわけにはいかなかった。

「あーっ!アイス食べてる太るよ?お兄」

「・・・美菜も食う?」

正直、冗談のつもりだった。

「うん!」

と、すぐに返事が飛んできて少し驚きつつも

「何味?」

と聞くと

「バニラがいい!」

と返してくる。

「あー・・・悪い、これラストだ。」

すると、意外な一言が耳に入る。

「じゃあ、お兄あーんして?」

「えっ?」

美菜には兄としての意識しかないのだろうか、言葉が胸に刺さる。

「うっ・・・うん」

やけに胸が痛い、いや痛く感じるほど苦しかった。

美菜の口にアイスを運ぶと、美菜は嬉しそうな顔をする。

「おやすみ!お兄」

一口だけ食べると、美菜は部屋へ戻ってしまった。

「えへへ、間接だけどキス、しちゃった」

扉の向こう側から、そう聞こえた気がした。

「間接・・キス?」

手に持っているバニラアイスのカップに視線を落として呟く。

すると現実に襲われる。

「・・・ッ!!」

この時美菜の事を女として意識してしまった事と、キスをした(間接的)事との恥ずかしさで、死にそうになったのは秘密である。

翌日、祝日で学校はない。

部屋のベッドに横たわる。

気持ちがソワソワして落ち着けない。

たかがキスされどキス(くどいようですがあくまで間接)。

悶々としていると、鍵を開ける音がした。

おそらく両親だ、どうやら出かけるらしい。

美菜は部活にいっていて、家には自分一人。

適当に時間を潰すため、ゲーセンへ行くことにした。

相変わらず賑やかでBGMの音がうるさいゲーセンの比較的静かめなエリアへ行き、適当なゲームをして時間を潰す。

するとケータイにメール・・親父からだ。

「母さんと旅行に行ってくる、がんばれ息子よ。父より」

「死ねっ!」

思わず叫んでしまったが、あまり気にされなくてすみ、興冷めしたので一度家に帰る事にした。

家に着くと美菜が帰っていたが、顔を見ることが出来ず、部屋に直行。

「どうしたの?お兄。

もしかして振られた?」

「振られてもねぇし、告ってもねえ!」

完全自滅だった。

「そうなんだ、よかった・・・。」

美菜がそう言うと、キスをしてきた。

本当の初めてのキス。

「私、お兄の事が好き。

初めて会ったその時から・・・。」

思考が止まる、息が荒くなり始め、何かが崩れた気がした。

初めての事ばかりで、パニックに陥る。

「ずっと伝えたくて、でも家族だしホントはだめって頭では分かってた。

でも、もう無理だよ・・・お兄がどう想ってても私が嫌いでも構わない。

私はお兄が、お兄の事が・・・」

美菜はすっと息を吸い、僕の手を握る。

「大好きです」

ほぼ同じタイミングで、声が重なった。

返事は不要だった。

両親は帰ってこない二人だけの甘く穏やかな気持ちになれる時間。

そして美菜と二度目のキスをした。

長く、深い大人のキス。

初めてのキスの時はあまりにも突然すぎて気付けなかった唇の柔らかさ、不思議とふわふわした気持ちになる舌の感触。

そして、とても近くにある美菜の顔。

キスの回数を重ねるごとに、確かに、そして強くなる美菜への気持ち。

「大好きだよ、美菜。

一人の女として大切にするから」

美菜の首筋を軽くなぞると、美菜は体を固くした。

「やだ・・・くすぐっ・・やぁ・・・」

美菜は体を捩り抵抗するが、どうやら本気で嫌という訳ではないらしく、服の上から胸を揉んでみた。

「・・・ブラって以外と硬いね。

知らなかった!」

人生の中で新しい発見が一つ。

そして、

「美菜って着痩せするタイプなんだ。

すごく体細いね」

「もぅ、お兄のえっち・・・恥ずかしい事ばっか言うなぁ!」

服を着ている時はなかなか気付けなかったが、美菜の体が細い事に気付く。

服を着ている状態でもだいたい50キロ前半くらいに見えるのに、脱ぐとさらに細くなる体。
「それなのに大きいね、いくつあるの?」

胸に視線を落として美菜に聞くと

「87くらいかな?

多分もう少し大きくなってるから、よく分かんないや」

美菜は、はにかみながら答えてくれた。

「・・・えっち」

と頬を赤くして呟く美菜があまりにもかわいくて、気付くと抱きしめていた。

「ちょっ・・お兄、いきなりはずるいよぉ・・・。」

美菜の目がとろんとしていて、息を飲む。

「カワイイ・・。」

自然と言葉が漏れた。

「もう、お兄以外考えられないよぉ・・大好き、お兄・・。」

美菜がキスをしながら呟く。

心臓の鼓動が早く、大きくなる。

「あっ・・お兄の音、聞こえる・・・。」

と美菜は自分の胸に僕の頭を引き寄せた。

「私のも同じだよ?」

美菜の心臓の音が聞こえる。

「お兄、苦しくない?」

美菜が僕の下半身に視線を落としながら言うので、その視線を追う。

「・・・あっ!」

そこには、限界まで勃起した息子が・・・。

「ふぇ・・フェラするね?」

美菜の緊張が伝わったのか、僕まで緊張してしまう。

ズボンとパンツが下ろされ、息子が出てくる。

「わっ・・・!?」

美菜が驚きの声を上げる。

「んっ・・・んんっ・・ぷはっ・・・んく・・」

美菜は息子を口に入れると頭を動かし、必死に奉仕してくれる。

生まれて初めての体験に体が震えた。

「うっ・・っく、美菜気持ちいよ・・そう、上手いよ。

あっ・・だめ・・出る!

あぁ、離して美菜。

口に出ちゃうよ!」

美菜は離そうとはしなかった。

「いいの!?出ちゃうよ?」

「やだ・・・切ないよ・・」

美菜の一言に戦慄した。

「・・・えっ?・・・」

明らかに空気が重い。

まるで浮いていた気持ちが、いきなり地に落とされたかのような感覚にさえ感じてしまう。

「違うの。

私・・怖い、んだ・・今が幸せすぎて未来が・・その、2人のこのさき。」

美菜は震えて、小さくなってつぶやく。

「あっ・・・。」

確かに美菜の言うとうりだ。

ただ気持ちを伝えて、舞い上がっていた。

それにそんな自分に自惚れていたのかもしれない。

そんな気がして、切なくなった。

「・・・ッ!?」

そんな時、美菜の手が頬に触れた。

小さくて、椛の様に紅い暖かい手。

その手が、記憶の奥に埋もれていた大切な約束を思い出させた。

「そしたらぼくがまもるから」

「・・・ぁっ・・・!?」

気が付いたときには、美菜の手を強く握っていた。

家族になる前の夕焼け色の記憶。

僕は美菜を知っていた。

「ねぇ、覚えてる?

昔にした、約束。」

美菜の目に涙が浮かぶ。

そう、忘れられない大切な約束。

「大きくなっても、忘れないでね!」

幼い日の幼き約束。

小さい頃は、ただ不思議な事と新しい発見に満ち溢れていた。

なんで空は青いのか、なんで人はみんな違う顔をしているのか・・・。

今思えばそんな事ばかり考えていた気がするほどに考えていた日々。

そんな日々を一人の女の子が変えていって、その女の子が美菜と知った時は、いろんな意味でショックだったのを遠い日に起きた出来事の様に感じてしまう。

「たぶん、あの日出会った時から美菜が好きだって思った。」

どさくさに紛れて告白。

今度は自分から、自分の言葉で美菜に気持ちを伝える。

「昔はさすがにこのドキドキする理由が解らなくて、一日中考えた。

でも解らなくて・・・美菜に十年ぶりに会ってやっと気づけた。

俺は美菜の事がずっと好きだったんだって」

(一人称で「俺」はあまり使わないはずだったのだが、この時だけは使っていた。)

美菜は

「お兄・・・」

と一言呟いて、恥ずかしそうに目を伏せる。

「世界中の誰よりも美菜の事が大好きです、僕と付き合って下さい。」

自分でもこんな恥ずかしい告白をしたなと、後になって気付くのは言うまでもなく・・・。

「お兄、それすごく恥ずかしいよ・・・」

美菜ははにかみながら、嬉しそうに僕の事を見つめた。

「うん、僕も同じ事おもった」

つられて僕もはにかむ。

幸せな甘い時間が流れ、ただ見つめ合ってるだけで胸にある感情が溢れ出す。

「今だって、これからも・・・。

ずっと一緒にいようね」

まるで磁力に引き寄せられたかのように、二人の顔が近ずいてゆき、そして・・・

一年後、僕等はまわりの反対を押し切り、街を出た。

今は美菜のお腹の中に新しい家族が産声を上げるその日を楽しみに、二人の事を知ってる人のいない街でひっそりと暮らしています。

主(*´Д`)ハァハァ<少女漫画みたいな展開になっちゃった!

コメントを残す