【近親相姦えっち体験談告白】兄と瓜二つな甥の姿に…

【甥との体験談】甥に偶然再会することになった叔母。彼女は以前、兄との関係を持っていた。彼にソックリな甥にもまた…。
兄が離婚後に生まれたため、一度も見たことのない甥。実家に帰るときに、偶然兄にソックリな面影を見つけてしまう。彼は正真正銘の甥だった。その後、2人で仲を深めていく。そして、兄に続いて二度目の近親相姦を犯してしまうことに…。
jux00992jp-2

わたしには甥がいます。

甥といっても、赤ちゃんのころから会ったことがありません。

兄が子供ができた後に、離婚してしまったからです。

その理由に私が絡んでいますが、そのことについては後で話します。

その甥と偶然、会うことがありました。

実家に行った時のことです。

車で実家に近くまで来たときに、道路の向かい側で、車が徐行しながら実家の前を通り過ぎて行きました。

私が実家前の道路に路上駐車しようとした時、先ほどの車がスピードを落として、通り過ぎようとしています。

その時、運転席の男の顔を見たとき、すぐに甥だとわかりました。

兄の20歳頃にそっくりだったのです。

すぐに車で追いかけて、赤信号で停止した時に、車を降りて声をかけました。

わたし「〇〇Aちゃんじゃないの?」

A「えっ!そうだけど」

わたし「ちょっと、話さない?

あなたの叔母のMよ」

Aちゃんはちょっとバツが悪そうでしたが、そこは血は水よりも濃しで、なにやら親しみも感じてくれたのか、近く喫茶店に車を走らせて話すことになりました。

父親が違って育ったせいか、少し投げやりな感じでした

「実家のことが気になったの?」

「つらいことがあった?」

「今は何してるの?」

いっぱい質問しました。

Aちゃんからの質問は何もありませんでしたが、私の唯一の甥で大切な人間だと伝えました。

「困ったら相談に来てね。

あまり力になれないかもしれないけど、できる限り力になるから」

パート収入しかないのに、いい格好をしてしまいました。

その後、

「おばちゃん、また話しませんか?

お昼ごちそうしてよ」

そんなおねだりが、何回かありました。

ある時、

「たまには、どこかにドライブに行かない?」

Aちゃんが私を誘ってくれました。

Aちゃんの休みが平日だったので、夫には何も言わずに、ドライブに行くことにしました。

高校生みたいに自宅を出かけるときはいつもの通勤服で出かけましたが、途中で着替えて大手スーパーの駐車場で落ち合い、Aちゃんの車に乗って出かけました。

隣の県まで足を延ばして、楽しい時間を過ごしました。

お昼を食べて、車に乗ると、Aちゃんが

「眠くなったね、ちょっとシートを倒して寝てもいいかな?」

というので、

わたし「それなら、どうしても行かないところがあるわけでもないし、近くのホテルに入る?」

わたし「叔母と甥だけど、何をするわけでもないし、私はいいよ。

その方がゆっくりできるでしょう?」

そんなことで、数キロ走った先のホテルに入りました。

Aちゃんは、部屋に入るとすぐに、ベッドに横になりました

「若いのに、だらしないぞ!A」

冗談半分に言いました。

Aの顔を見ていると、本当に兄そっくりでした。

声もそっくりでした。

そんなAの寝顔を見ていると、若い日の過ちが頭をよぎりました。

そうです、わたしの初めての男は、兄だったのです。

私は兄が好きでしたから、何の後悔もしていません。

兄とは、兄が結婚した後も続いていて、兄のアパートに毎日のように出入りしては、セックスしていました。

子どもがで来た時には、おなかが大きくなってもわからないように、わざと過食しとても太っていました。

その時の妊娠は母にばれるところになって、堕胎しました。

その後も、避妊しながら兄との関係は続いていました。

兄のアパートで兄の肉棒が私の中で暴れているときに、兄嫁が仕事から早く帰ってきたのです。

そういうことがあって離婚したのですが、その時に兄嫁は妊娠しており、その子がAです。

兄にそっくりなAを見ていると、兄なのか甥なのか、そんなことは関係なくなって。

ただ大好きな人が目の前にいるというだけになりました。

わたしは、唇を重ねました。

疲れているのか、目を覚ます様子もありません。

目や耳に唇を這わせました。

少し、寝がえりを打って横になった時に、思わずAちゃんのペニスに手をあてがいました。

もう一度、唇を重ねた時に、Aちゃんは目をさましました。

「Aちゃん、わたしのこと許してくれる?

こんなことして・・・」

Aちゃんも男です。

わたしを抱きよせて、唇を重ねました

「Aちゃんは経験者?」

と訊くと、バツが悪そうに

「ううん」

と言いました

親に似合わず、内気な子に育ったようです。

「教えてあげるね」

そう言って、舌を絡めました。

Aの一物は、立派に反り返っていました。

兄のそれよりも立派なように思えました

Aの一物を口に含むと、Aは小さな声をあげました。

その声が嬉しくて、Aを喉深く咥えこみました。

数回上下して、舌で裏側を舐めていると、

「うっ」

という声がしたかと思ったら、射精してしまいました。

私はその白いAの液体を飲み干しました。

自分と兄の子供が無事に生まれていたら、これくらいだったと思ったら、わが子のように愛おしく感じました。

その後も、Aはすぐに回復して、逞しいペニスを私の中に打ち込んできました。

初めてとは思えないくらい、何回も何回も入れてきました。

その後も、彼が結婚するまで続いていました。

いくらなんでも、兄の時のようなことにはしたくなかったからです。

わたしは特にひどい女です。

夫とはセックスレスですが、兄とは結婚する前から関係を持ち、甥とも関係を持っていました。

わたしの下の子どもは、会社の上司が中出ししたときに夫の腰に手をまわして中出しさせて、

「夫の子供だ」

と言い張って産みました。

結婚してからも、兄の子か甥の子かわからない子供を妊娠しましたが、堕胎しました。

40歳手前になって、こんなわたしは、死んでも地獄に落ちるのだろうと思うようになりました。

主(*´Д`)ハァハァ<不倫、近親相姦、人の子を孕む。この世のすべての禁忌を犯したみたい…。

コメントを残す