【近親相姦えっち体験談告白】JCの従姉妹の全裸に興奮してしまい、つい勃起!

【親戚との体験談】親戚と海水浴に行った時、ケガをしてしまい、手当をしてくれた従姉妹の由紀ちゃん。その後お風呂に入ってきて…
中学2年生の時、親戚一同で海水浴に行くことに。そこで1つ下の従姉妹の由紀ちゃんと遊んでいたが、手を怪我してしまった。手当をして終わると、海水浴場には誰もおらず、親戚一同はすでに夕食を始めていた。民宿のお風呂に入ると、突然由紀ちゃんが全裸でやってきて…
kar00832jp-6

中学2年生の時、親戚の家族と海に行った時の話です。

1つ下のいとこの由紀ちゃんと泳いでいて、夕方頃に私の水中眼鏡が割れて右手を切ってしまい、手当てを受けました。

手当てが終わる頃には、もう海水浴場には誰もいませんでした。

民宿に帰ると、もう皆お風呂も済ませていて、食事までの時間を寝転んだりして過ごしていました。

水着のまま風呂場へ行き、さっさと脱いで風呂へ入っていると、すぐに由紀ちゃんも入ってきました。

「え?えっ?」

と思っていると、

「もうお風呂、二人だけやって。」

て言いながら、かかり湯し始めました。

「う、うん。」

と言いながら、目は由紀ちゃんの体にくぎ付けです。

まだ毛は生えていませんが、ほっそりとした体に小さな胸、腰のくびれもちゃんとあります。

湯船に入る瞬間も、ちゃんと股間をチェックします。

でも、良くわかりませんでした。

「あつい!」

「よう、焼けとうからな。

でも、女の子は背中焼けへんから、ええなぁ。」

「ほんでも、肩がいたいよ。」

「僕なんかこっから上、全ー部痛い。」

そう言って、湯船から出ながら背中を見せました。

前はもうびんびんに立っていたから、ごまかしながら出た訳です。

椅子に座り、砂だらけの頭を洗おうとしました。

右手は包帯を巻いていたので、左手だけで頭を洗おうとしたのですが、うまくいきません。

「もう、怪我なんかして。」

と言いながら、由紀ちゃんが湯から出て、頭を洗ってくれました。

足を閉じると由紀ちゃんが正面で洗いにくいため、僕は足を開き、その間に由紀ちゃんが入ってきました。

目のまん前には由紀ちゃんのわれめがあり、注視していると

「下向いて!」

と言われたので、慌てて下を向きました。

頭にお湯がかかり、目をつぶっていると、数回お湯が頭にかかります。

体にもお湯がかけられ、しばらくじっとしていると、

「もうええよ。」

と言う声がお湯の中から聞こえます。

「うん。」

そういったものの、そのまま入ると、勃起したおちんちんが見られてしまうので躊躇していると、

「交代や。」

そういって由紀ちゃんも上がってきたので、さっとお湯に入りました。

由紀ちゃんは、僕の目の前で体を洗い始めました。

もうそれを見ているだけで、くらくらしてきました。

まだ子供なのか、由紀ちゃんは立ったまま体を洗っていました。

見とれていると、

「そんなに見ないで。」

って言われてしまいました。

由紀ちゃんは椅子に座り、頭を洗い始めました。

足は思いっきり開いています。

われめの構造が良くわかりました。

初めて見る女陰です。

由紀ちゃんは下を向いているので、顔を近づけて観察しました。

「おにいちゃん。」

「え、え?」

「頭流して。」

民宿にはシャワーがなかったので、左手でお湯をかけました。

その時既に、由紀ちゃんの目の前に僕のおちんちんがありました。

「じゃ、体洗ったげるね。」

と言いながら、由紀ちゃんは顔を洗っています。

「ええよ。」

「手怪我しとうから、自分であかんやん。」

顔を上げた由紀ちゃんは、僕のおちんちんを見たまま、止まってしまいました。

「…すごいね。おへそに付きそうやん。

へー。初めて見た。」

声が変わっています。

中学2年生と言えば、一番びんびんの頃です。

もう見られて僕は完全に感じており、第1次チンポ汁すら出ていました。

気を取り直して由紀ちゃんは僕の体を洗い始めましたが、男を意識してしまい、様子が変です。

僕も、もう開き直って、右手を上げたままなすがままです。

おへそのあたりから、由紀ちゃんの手がゆっくりとなり、気を付けて手を進めますが、手の甲におちんちんが当たってしまいます。

「え、え?何?」

そうです。

意識的におちんちんを動かして、由紀ちゃんの手に当てていたのです。

「おちんちんって動かせるの?!」

って叫んだので、由紀ちゃんが見ている前で動かして見せました。

「ふーーーーーん。」

と言いながら、興味深々です。

さすがに、おちんちんのところは自分で洗い、足からはまた洗ってもらいました。

体にお湯をかけてもらいましたが、女の子は流す時、左手でさすりながら流しますよね。

由紀ちゃんもそうしてくれました。

でも、おちんちんが上を向いているため、そこだけせっけんが落ちません。

「あれ?」

由紀ちゃんは意を決して、おちんちんを触りながら流してくれました。

何度かそれを繰り返した後、

「下向かないね。」

って言って、左手で上から押さえました。

僕が力を入れると、

「わ!すごい、すごい。

こうやって動くの。」

って手全体でおちんちんを触り始めました。

僕も

「触らせて。」

と言って、由紀ちゃんのわれめに手を伸ばしました。

さっき見たわれめは、べちょべちょに濡れていました。

中のしくみがわからないまま、由紀ちゃんの体を触りまくりました。

由紀ちゃんの体に僕の指が入った瞬間、おちんちんを握られたまま射精してしまいました。

「うわー、うわー、うわー。」

おちんちんがぴくぴくしながら精液を何度も飛ばす度に、由紀ちゃんは声を上げています。

由紀ちゃんの顔は真っ赤です。

その後おちんちんを石鹸で洗い直してもらい、湯船に由紀ちゃんを立たせて、われめの中を観察していました。

「早よ上がりよ。皆ご飯待っとうで。」

の声で我に返り、そそくさと風呂から出ました。

脱衣場で由紀ちゃんに体を拭いてもらい、服も着せてもらいましたが、その間もずっとおちんちんは立ったままでした。

最後に短パンのボタンをしめてから、

「ズボンの中、こうなっているんだ。」

といいながら、またズボンの上からおちんちんをさすってきました。

左手がズボンの中に入ってきます。

由紀ちゃんは、まだ素っ裸です。

もう我慢できず、横ちんして由紀ちゃんの目の前でオナニーし出してしまいました。

もう時間がなかったので、素っ裸の由紀ちゃんを残して、僕は風呂場から出ました。

主(*´Д`)ハァハァ<思春期真っただ中で、その状況はヤバイよねぇ。

コメントを残す