【近親相姦えっち体験談告白】JCの妹の秘部をのぞき見する兄

【妹との体験談】高1のころ、点けっぱなしの妹の部屋の電気を消そうと入ると、そこにはセクシーな妹の寝姿があって…
高校1年生の時、2つ離れた妹は生意気で、2人の中も離れて行っていた。ある夜、トイレで起きて妹の部屋を通りかかると、電気が点いていた。部屋に入り消してやろうとすると、妹の無防備な寝姿が目に入る。好奇心でつい妹の秘部を観察してしまう。
1ap00058jp-3

今となっては、消したい記憶の一つだ。

俺の下らない妄想だと思ってくれ。

二つ年下の妹と小さい頃から同じ部屋で隣に並んで寝ていたんだが、俺が小5か小6の時に家を引っ越してからは、それぞれ別々の自分の部屋で寝るようになった。

これは、俺が高1の夏の話。

俺はある晩に尿意を催し、起きた。

時計は午前3時ぐらいだったと記憶。

用をすませ、部屋に戻る途中、妹の部屋の隙間から明かりが見えた。

こんな時間に起きているはずはなかったが、一応ノックして

「オーイ、良美」

と呼んだが、返事は無い。

おそらく、電気を消し忘れて寝たんだろう。

当時、うちの親はそういう無駄な電気の消し忘れとかに、すげぇうるさかったんだ。

親に見つかると気の毒なので、電気を消しに部屋に入ることに。

割と片付いた部屋の隅にあるロフトベッドを、寝ぼけ眼で覗き込むと、案の定妹は爆睡していた。

何年かぶりに見る、妹の寝相の悪さ。

うつ伏せに片足を投げ出した格好に、夏用の薄い布団がかかっているが、上半身の一部しか覆っていない状態だった。

花柄のキャミワンピースみたいな寝巻きを着て、肌着やブラは付けていない。

案の定、ワンピのスカートはめくれて、パンツは丸見え。

そのときの妹のパンツが、まぁよく子供が穿くような白の綿パンツだったが、サイズが少し大きいのかゴムが伸びたのか知らないがユルく、隙間から既に中身が見えそうですらあった。

ちょっとズラせば、大事なトコが拝める…。

何年か前まではたまに風呂にも一緒に入ってたし、見せてと言えば見せてくれたのだが、最近は生意気にもちょっと色気付いてきて当然そういうのも無い。

そっと近づき、

(見るだけ、見るだけ)

って思いながら、パンツの股下部分の布を横に捲ってやった。

体勢はうつぶせで片膝をヘソくらいまで折り曲げた状態(説明しにくいが膝蹴りしてるようなポーズ)だったので、もう殆どモロ。

ほぼ労せずして、マンコが見えた。

懐かしい割れ目マンコを想像してたが、そのときは割れ目の間から何かはみ出していた。

というか、こういう角度から見たのは初めてだったが。

妹は割りと色白だが(俺もだが)、パンツの中は一段と白い。

その中で割れ目周辺だけ薄い桜色で、毛も僅かだが生えてた。

俺も中1で生えてたから、当然と言えば当然か。

更に上げてない方の足をもう少し開かせ、両手の指でマンコの割れ目を目いっぱい拡げて、中を覗き見た。

童貞だった俺は、当然モザイク無しの生マンコの中まで見るのは生まれて初めてなわけで、その一点に目が釘付けに。

[shortcode]

まるで別世界の光景を見ているようで、体の震えが止まらなかった。

そこは、きれいなピンク色のヌメっとした粘膜。

濡れているのはオシッコだと思った。

皮の被った突起が一つと、他よりやや色の濃い左右のビラビラ(共に名は後で知った)、そして保健で習った女の穴は、想像してたよりずっと小さかった。

女の股の間に、こんなものがついていたなんて。

呼吸に合わせて穴がヒクヒクと動くのがとてつもなくエロく、ヤバイぐらい興奮した。

妹は毎晩ちゃんと風呂に入っていたのだが、ソコに顔を近づけて見ていると、うちの風呂の入浴剤の匂いと微かにおしっこのニオイもした。

(へっ、最近小生意気なお前の大事な所、俺が全部見てやったぜ!)

とか勝手に思ってたと思う。

感動のあまり頭真っ白で、ずっと舐めるようにソコばかり観察してた。

妹は意識が無いので、見放題。

でも妹居る人なら分かるかもだが、マジな話、フル勃起してたけど挿れたり舐めたりしたいって気には全然ならなかった。

純粋に女の体が知りたかったと言うか。

ココで出てるような、妹とセックスしたとか言う話は、とても信じられない。

つか、絶対無理だろ。

好きなジャンルではあるけどね。

何分か経って(何分どころじゃなかったかも)、突然妹の下半身がビクッとなって、歯軋りしながら大きく半回転する寝返りを打ち、仰向けの体勢になった。

やばい起きる!

俺は一気に青ざめた。

後ろ向きにロフトの階段を自分でもビビる程の速さでかつ音を立てずに駆け下りると、あたかもたった今来ましたって感じで

「寝るなら電気消せよー」

とか言ったかどうか忘れたが、電気を消して撤退したのだった。

部屋に戻り、落ち着くまで時間がかかった。

マンコを拡げてた指は、嗅いだことのないヘンなニオイがした。

それからしばらく、それがマンコのニオイだと思っていた。

そしてお約束だが、寝る前に一発抜いた。

妹のマンコをオカズにしている罪悪感とは裏腹に、自分でもビビる程の速さで射精した。

翌日の妹は変わった様子も無く、いつもの小生意気な妹だった。

それから数回は同じようなチャンスがあったが、もしバレた時の恐怖から二度とやらなかった。

主(*´Д`)ハァハァ<思春期は妹のでも見たくなるのかな?

コメントを残す