【近親相姦えっち体験談告白】Fカップの巨乳な妹のビキニ姿に思わず中出し

【妹との体験談】彼氏との海水浴のため、新しい水着を購入した妹。巨乳を見せびらかすようにする妹に手を出してしまう。
おっぱい星人の俺にとって、巨乳の妹が与える刺激は十分すぎる!彼氏と海に行くからと、おニューのビキニを見せびらかす妹。あまりの大きさに、ついムラっときて、ビキニの隙間から胸をモミモミ。妹の感度も上々で、兄である自分の息子を触りだす始末。
h_094ktds00385jp-12

「兄貴、これどう?似合う?」

「むおっ!」

外の猛暑に外出する気にならず、部屋でエアコンつけて涼んでいたら、水着姿の妹が入ってきた。

「明日、彼氏と海に行くんだけど…どう?

この新しい水着」

こいつ何て身体してやがるんだ…こんなんだったっけか?

ここ何年も妹の水着姿なんて見てなかった俺は、そのプロポーションの良さに目を奪われた。

まだ成長途中で手足ばかり長く、女っぽい丸みが無いのに、この巨乳。

明らかにEカップはあるんじゃないか?

ビキニの横から余った乳肉がはみ出してるじゃないか!

「ま、まあ似合ってるよ。

それにしても…」

「え?それにしても何?」

「お前、オッパイすごいのな。

いつの間にそんなになったんだ?」

「へへ〜すごいっしょ!

興奮する〜?」

妹は腕を身体の前で交差させて、兄の俺にこれ見よがしに谷間を強調する。

確かにすごい!

今まで何人かの女と付き合ってきたが、こんなに胸の大きな女なんていなかった。

「するする!

そんな水着姿で海なんか行ったら、声かけまくられて大変だぞ!」

「いいも〜ん、彼氏と一緒だから別に。

あいつだって鼻が高いんじゃない?」

「まあ、そうだろうけどな」

妹の彼氏は、妹のギャル度とはとても不釣合いな、真面目くん。

そんなやつがこの巨乳を…羨ましいですっ!

俺だってオッパイ星人なのに、胸の大きな女とめぐり合うことが出来ずにいるのに…。

ん?ここにいるじゃないか!

妹だからセックスしたり彼女にしたりは出来ないが、頼めば揉ませてくれるかも。

いや、揉ませてくれる。

妹は軽いやつだ。確信がある。

「なあ、里美。お前バストいくつあるんだ?」

「ん〜最近まともに測ったことないけど、Fカップだよ。

90ぐらいかな?」

「え、Fカップ?……。

気にならないか?今のサイズ…」

「気になってるのは兄貴のほうでしょ?

いいよ、測らせてあげる」

ヨシッ!小さくガッツポーズ!

妹は自分のバスとに自信があるんだろう、ノリノリでオーケーしてくれた。

ソッコー引き出しに入ってるメジャー(柔らかいやつ)を取りだして妹の背後に。

「じゃあ、脇を緩めてくれよ」

脇の下からメジャーをまわし、妹の大きな胸を計測してみる。

「きゅっ、93?」

「あ〜もうちょっとで95センチだったのに…。

おしいね〜」

結構残念がっている妹。

「乳首が立ってりゃ、95は確実じゃね?

立たせてやろうか?」

「そんな事言って〜。

妹のこの巨乳を揉みたいって事〜?」

「そ、そうだよ…悪いか?

こんなデカイオッパイ、触った事なんて無いんだよ!」

「そ〜だよね〜兄貴の彼女、胸の小さな人ばっかだったもんね〜」

「なあ、頼むよ!一回だけでいいからさ」

「そうね〜いいよ!

大サービスだからね!」

「マジ?」

「マジ!揉まれてあげるけど、変な気起こしちゃダメだからね!」

「妹相手に、変な気にはならないって!じゃあ…」

気が変わらないうちに、速攻揉みにかかる。

両手をビキニのブラの下に入れ、乳首ごと柔らかくすくい上げる様にして揉んでみた。

「ちょ、ちょっと!

ブラの上からじゃなくて?」

「当たり前だろ!

こっちのほうが乳首立ちやすいだろ!」

「だからって…ひゃんっ!」

乳首からやってくる、鋭い刺激に全身がビクッとなる妹。

さして抵抗も無い事をいい事に、量感たっぷりの乳房を揉みまくる。

完全に俺の手のひらに余っていた。

長年の夢だった巨乳が今、俺の手の中にある。

妹の首元から漂う甘い体臭を胸いっぱいに吸い込みながら、とにかく揉みまくった。

「やああん!兄貴、もう乳首立ってるって!」

「もう少しこのまま…」

妹の声を無視して、ひたすらもみ続ける。

だってこんなチャンス、二度とないかもしれないじゃないか!

俺の両手を離そうと手首を掴んできたが、力が入らない様子の妹。

とっくに勃起している乳首を、手のひらで転がしながら、さらに責め続ける。

俺の至福の時間は、10分以上続いた。

「はあ、はあ、はあ…。

兄貴、お尻に硬いものが当たってる…」

腰に力が入らなくなってきた妹のお尻の部分に、興奮して勃起した俺のものが当たっているようだ。

角度からいって多分、お尻というかおまんこに。

試しに短パンの下のガッチガチのチンコを、ズンッと突き上げてみる。

「やんっ!」

その一言の後、妹はうつむいて黙ってしまった。

ヤバイ、怒らせたかな…。

もう充分巨乳の感触に満足した俺は、妹を解放してやった。

「さあ、バスト測ってみような」

黙って生乳をオレに測らせる妹。

ちょっと目がコワイ…。

「おっ、やっぱ95センチいってるよ。凄いな〜」

「兄貴ばっかりでズルイ…」

「えっ?」

「私だってバスト測らせたんだから、兄貴も測らせな」

「ど、どこをだよ?」

「チンコ…」

ちょっと有無を言わせない感じの妹の剣幕に、されるがままの俺。

無理やり短パンを脱がされて、チンコを妹の目の前に出すのって、意外と恥ずかしい。

しかも全開勃起してるし。

「やだっ!兄貴のすごく大きい…」

短パンから勢いよく飛び出した俺のチンコに、ビックリした妹が驚きの声を上げる。

「普通じゃねぇ?」

「そうなん?何本も見てる訳じゃないけど、今迄で一番大きいよ」

「そうか〜?」

そんな風に言われれば、嬉しくなってしまうというもの。
恥ずかしさは失せ、誇らしげにブルルンと妹の目の前にチンコを差し出す。

妙な興奮にビンビンになってしまって、手を離したらぺチンと腹に当たって音が鳴る。

「元気だね〜、どれどれ?」

測ろうとする振りして俺のモノを軽く握り長さや太さ、硬さを調べるかの様な仕草をした。

「やだ〜、こんな太いの入らないよ〜」

でもってメジャーの先を根元に当てて計測中の妹。

先っぽをつまんでるその指、もっとしてくれないかな…。

ビクンビクンして測るのに苦労している妹を見ていて、エロイ気分になってきた。

「すご〜い!20センチもあるんだね〜。

みんなこんななの?」

「そんなにあった?

それじゃあ大きいほうだったのかも」

「やっぱりな〜、彼氏のこんなに大きくないもん」

俺のチンコの大きさに興奮している妹は、いつの間にかしっかりと握り締めていた。

「なあ、その…そのまま上下にシゴイてくれね?」

「ええ〜、変な気になっちゃうでしょ?」

な〜んて事を口にはしてるが本心は嬉しそうで、進んで手を動かしている。

そうしたら先端から先走りが溢れてきてしまった。

「あっ」

驚いたような声を出した次の瞬間、妹はその汁を舌先で舐め取ってしまう。

一瞬背中がぞくっときて、気持ち良さが脳天に突き刺さった。

その間にも次々と透明な汁が溢れ出し、それを妹は全部ペロペロ舐め取ってしまう。

「これエッチな味がしておいしいんだよね〜」

エッチなのはお前のほうだよ…。

そんなエロイ姿の妹にムラムラと欲情してしまい、すぐにでも押し倒してやりたい所だったが、我慢した。

この後どうするんだろう、もう少し妹の好きにさせてみる。

そうしたら、チンコを見ながら少し考えていた妹は、いきなりカポッと亀頭を口に含んだ。

根元を手で持ってしっかりと亀頭をくわえ込み、口の中で俺の先端を舌先で刺激してくる。

口を窄めて喉元まで咥えたかと思うと口先まで吐き出しと、ゆっくりだが確実に弱い所を責める妹。

そのおしゃぶりは俺の快感をどんどん増幅させ、そのまま射精してしまいそうな勢いだった。

股間から聞こえてくるジュボッジュボッといういやらしい音に、我慢が困難になってくる。

もうここまで来てしまったらいいだろうと判断した俺は、妹を後ろに押し倒した。

「里美も気持ちよくなってくれよ」

そんな事を言った俺は、シックスナインの体勢になる。

変な気を起こすなと言ってた割りに、太腿を開いて舐め易い体勢をとる妹。

ビキニのパンツを足首から外すと、遊んでいる割には綺麗なあそこが目の前に。

まずは両手で軽く広げ観察…そして狙いを定めて舌先を軽く触らせる。

女の一番敏感な箇所に舌先が触れると、妹はビクッと身体を震わせて腰をクネクネ動かし始めた。

暫く舐め攻めると膣口から粘液が溢れ出して来た。

それを俺はジュビジュビと音を立てて吸い出すように舐め、そして飲み干した。

「ああ〜、もう我慢できないっ!

兄貴のチンコ試してみよっ!」

何か急に開き直った妹は、俺を押しのけて上に跨り、チンコを自分で手にとって挿入してしまった。

「やだっ!彼氏のより全然大きいっ!」

ゆっくりと腰を下ろし俺の肉棒をしっかりと咥え込んでいく。

奥まで全部入りきったかと思うと、大きくため息をつき、上半身を俺に被せて倒れ込んできた。

「兄貴の大きくて気持ちいい!」

俺の耳元で甘く囁くと、唇を重ねてくる。

妹の大胆な行動に興奮しまくりの俺はそれに応え、舌を絡ませてキスをした。

熱く柔らかくうごめく妹の膣内の感触を味わいながら舌を絡めあう。

予想以上に幸せな気分に包まれたが、コンドームを着けていない事を思い出す。

「おい、里美。

生でしちゃってるけどいいのか?」

「確か今日は妊娠しない日だったはずだから…このまましちゃおっ!」

いくら安全日だからといって、妊娠しないわけじゃないと思うが、今更遅いか…。

後戻りする気が失せるほど興奮していた俺は、妹の言葉を都合よく信じて、このまま生でやらせてもらう事にした。

顔を離してニコッと笑顔を向けた後、妹は自分から腰を動かし始める。

ゆっくり抜けそうなほど腰を浮かすと、再びゆっくりと腰を沈め肉棒を膣奥深くまで咥え込んでいく。

入り口の締りが強烈で抜かれる時の、持ってかれ感が気持ちいい。

中の方はそれほど締まってる訳ではないが、丁度良い感じの擦られ感ですぐにいきそうな感じはない。

俺のチンコの大きさに時々顔をしかめていた妹も、徐々に慣れてきたのかスムーズになってくる。

腰の動きが徐々に早くなり、それに合わせて俺自身も腰を動かし、快楽を共に味わった。

目の前で身体の上下に合わせてブルンブルン跳ねるFカップ。

その暴れる生乳を揉みしだきながら、下から奥行きの狭い膣内を突き上げる。

何回か突き上げているうちに、妹はあっけなく登りつめてしまった。

「兄貴…何でこんなに気持ちいいの?

大きすぎて痛いかと思ってたのに…」

「そりゃ〜、兄妹だから当然だろ!

ピッタリくるように出来てるのさ」

まだまだ余裕のあった俺は、今度はバックの体勢にして、後ろからガンガン犯してやった。

「やああああ…スッ、スゴイよ〜!

奥に当たってる!気持ちいいよ〜!」

「里美のおまんこもギュウギュウ締め付けてきて気持ちいいぞ!」

「あっ、あっ、あああ…またいっちゃう!

いっちゃうううう!」

絶頂する時の締め付けを何度も味わいながらも、ピストンをやめることはしなかった。

「彼氏がいるのに、兄貴のチンコでおまんこ突かれてよがりまくってるなんて、悪い妹だな」

「兄貴だって彼女がいるのに、妹の身体に夢中になってるじゃない…」

お互い彼氏や彼女がいるっていうのに、兄妹でのセックスに夢中になっている。

その事を口に出すと、自分たちの変態性にさらに興奮する。

妹は彼氏のことを言うと意識して締め付けてくるし、俺も彼女のことを言われるとオッパイを無茶苦茶に揉みながら強く突きまくる。

お互いの相手よりも兄妹でするセックスの方が、気持ちよくって仕方なかった。

小ぶりな妹の真っ白なお尻と、その間でヒクヒクうごめくアナル。

その下の濡れて光ってる膣内に凶暴に打ち付けられている俺の極太。

どんどん高まっていく射精感を感じながら、このまま妹の中に出してしまいたいと思った。

だがやはりそれはヤバイよな…と思ってはみたものの、妹さえ良ければと勝手な判断をした。

でもストレートに中出ししたいなんて言っても、きっと素直にOKしてくれないだろうな…。

「里美、出ちまいそうなんだけど、お前の中から抜きたくねぇ」

「いいよ…出しちゃっても…」

心の中でヤッター!とは思ったが、一応ダメ押し。

「な、何言ってるんだよ。

中で出してもいいのかよ!」

妹は答える代わりに、両手で尻肉を開き、中出しをねだる仕草をしてきた。

こいつ、何てエロイ誘い方するんだ!

俺はもうそれならと、妹の腰を両手で掴み、激しくラストスパートをした。

ビチャンビチャンと叩きつけている、あそこの部分から卑猥な水音が鳴り響く。

ゴリゴリ俺の肉幹を刺激してくる膣口の締りが、いっそう射精感を高めてくる。

里美も獣のような本能の交尾の激しさに、今まで以上のアエギ声を漏らして快感を楽しんでいる。

そしていよいよ、我慢の限界がきた俺は、妹の膣奥目掛け一気に精液を放出した。

ドクドクと音が聞こえてきそうなくらい、溜まっていた精液を最後の一滴まで搾り出すかのように里美の膣内に出し切った。

妹も何度目かの絶頂を迎え、全身を痙攣させながらドサッと前のめりに倒れ込んでしまった。

その股間の膣口からは、今放出したばかりの精液が収まりきらずにトロンとあふれ出している。

出し切った後も硬いままの剛直は、ビクンビクンと未だに俺の股間で脈打っていた。

「兄貴〜、マジ気持ち良かったよ〜しかも中出しだし!」

「俺も最高だった!

生で中出ししたの初めてなんだよ。

しかも相手は実の妹だしな!」

「私も中出しされたのって初めてなんだよね〜。

凄く気持ち良かった!」

股間と太腿を汚している精液を拭おうと、のろのろ起き出してティッシュを取りにいく妹。

その四つん這いの背中に覆いかぶさって、甘えた声で耳元で囁く。

「なあ、里美…もう一回してもいいかな…」

後ろからFカップの生乳をモミモミしながら聞いてみる。

「嫌っていっても、する気でしょ?」

「まあ、そうなんだけどね!」

ガッチガチ状態で上を向いているチンコを妹のお尻の間に持っていき、そのままズブンッ!

さっきの精液ですべりが良くなってるから、難なく奥まで入ってしまう。

「里美のオッパイで興奮しちゃってて、俺のチンコなかなか小さくならないよ」

「オッパイ星人の兄貴に私の胸は刺激が強すぎたんだね」

「そうさ、お前のせいだぞ!

小さくなるまで責任取ってくれよ」

「仕方ないな〜1回しちゃったから何回しても同じか…」

「そうそう…1回中出しもしちゃったしね」

「じゃあいいよ。責任とって上げる。

中にも好きなだけ出して!」

「やり〜!俺、頑張っちゃうからな!」

両手で妹の身体を抱きしめながら、下半身だけズッコズコ!

欲情しまくってる俺の息子が満足するまで、この手は離さないからな!

「ああ…兄貴のチンコ、硬過ぎる…。

これ、本当におさまるのかな…」

「当分おさまらないかも…お前、明日彼氏とエッチする気起きないかもな」

「そうかも〜まっ、いっか!

今は兄貴のチンコで気持ちよくなりたいし〜」

「じゃあ、今度は最初からガンガン突くぞ〜!」

「突いて突いて〜妹の中で暴れまくっちゃって!」

「うおおおおおおっ!」

「うあああああっ!」

今度は最初から妹の膣内に中出しするつもりで、高速ピストンを開始した。

その日は結局、5回も妹の子宮に射精してしまい、次の日腰が抜けた妹は、彼氏とセックス出来なかったらしい。

その日以来、近親相姦に目覚めた俺たち兄妹は、お互い彼氏彼女がいるって言うのに毎日エッチしている。

好きとか嫌いとかの感情は別に無く、ひたすら快感の追求。

兄妹同士、お互いの身体を使ってのオナニーみたいなもん。

まるでスポーツのようにセックスの練習に明け暮れているから、お互いの相手はメロメロ。

でも俺は彼女とセックスしている時よりも、妹としている時のほうがはるかに快感が深い。

やはり、近親相姦の快感を味わってしまったら、それ以上の興奮を味あわせてくれるような出来事はそうは見つからないんじゃないかと思ってしまう。

きっとこの先ずっと、兄妹相姦は続いていくんだろうと、妹を組み伏しながら思ってしまう。

主(*´Д`)ハァハァ<近親相姦にどんどん深入りしちゃうね~。

コメントを残す