【義姉との体験談】同居中の兄嫁の授乳姿を見てから抑えきれない欲求が湧き上がってきた

【義姉との体験談】同居している兄嫁の授乳姿を目撃したことで…
遊び人の兄貴が子供ができた責任をとると結婚を宣言し、実家で兄嫁との同居暮らしが始まった。結婚しても遊び人のままの兄貴は仕事もせず、色々と頼られるようになった投稿者がある日、兄嫁の授乳姿を目撃したことがきっかけで…。
【義姉との体験談】同居中の兄嫁の授乳姿を見てから抑えきれない欲求が湧き上がってきた

兄貴の妻と一時期やってた。

兄貴は30越えてるのに、B系ファッションで仕事もせずに毎日朝まで遊び歩いているような奴だった。そんな兄貴がナンパして一晩共に過ごしたミサキという女が、ある日突然家にやってきた。兄貴はミサキとの間に子供ができたので責任とって結婚すると、俺、母、父の前で宣言した。

一ヵ月後、ミサキさんは家に住み始めた。兄貴が働いていないこともあって、しばらくは家で同居させてくれとの要望を、父が難なく受け入れた。これで兄貴も少しはまともに働くだろうと思った。でも、兄貴は今まで通り遊び歩いていた。兄貴の代わりに働いていたのはミサキさんだった。でも、妊娠六ヶ月が過ぎ、無理できない体だったミサキさんは不本意ながらも仕事を断念した。子供が生まれるまでは専業主婦として、家事を請け負っていた。

俺は農作業用のトラクターを製造する工場に務めている。仕事の都合で休みのほとんどが平日なので、休みの日はミサキさんと二人きりで過ごすことが多かった。定年退職した父は、朝から晩まで趣味の釣りに没頭していて家にはいない。母もヨガや水泳、社交ダンスなどの習い事に熱心であまり家にはいなかった。

ミサキさんは兄貴には勿体無い女性だった。ヤンキーかぶれの兄貴に似合わないほどの生真面目な容貌。髪は天然の黒で肩まで伸びていて、前髪は横一直線に揃えられている。化粧は控えめながら、目鼻立ちははっきりしていて装飾の必要性が微塵もない。言葉遣いも丁寧で、年下の俺にすらしっかりとした敬語で話す。真面目そうな見た目とは裏腹に、胸は服をきていてもはっきりとわかるほどの膨らみを持っており、いつもはいているローライズのデニムの尻元は、肉々しい曲線美を備えていて、性欲を駆り立てる魅惑を発散している。俺が遅く起床してリビングに行くと、ミサキさんはいつも洗濯物を干している。その姿を後ろからみていると、ミサキがさんがかがむたびに、ローライズのデニムの腰元から、尻の付け根が見える。朝立ちしてそそり立った陰茎は、即座に目の前の光景をネタに性欲を発散せよと申し立ててくる。自室にこもって朝から自慰。むなしかったが、幸せでもあった。

ミサキさんが俺に相談をもちかけるようになったのは、同居後二年が過ぎた頃だった。子供が生まれれば、いくら兄貴でも働き出すだろうと思っていたんだが、兄貴はやっぱり働かず遊び歩いていた。そんな兄貴に、何度かミサキさんは注意したらしい。最初のうちはわかったわかったと返事をしていた兄貴だったが、何度も言われるうちにうるさいだまれと怒鳴るようになり、ついにはミサキさんに暴力を振るうようになった。兄貴に殴られたミサキさんは、俺に話しを聞いてくれないかと言った。話を聞いた俺は、兄貴に怒り狂った。殴りあう覚悟で怒鳴り散らすと、意外にもあっさりと兄貴は謝罪した。俺が普段、滅多な事では怒らない性分だからだろう。兄貴は俺の態度に驚いていた。ミサキさんは俺に深く感謝した。そしてその後も、ミサキさんは何かにつけて俺を頼った。美人に頼られるというのは嬉しい。俺は自分のできる範囲で、ミサキさんを助けた。時にはできる範囲外でもミサキさんを助ける事もあった。それが金銭面での問題だ。結婚後三年経っても、兄貴は全く働かなかった。

そうなると兄貴達夫婦の財政は困窮を極める事となり、結果足りない資金を補充するためにミサキさんは東奔西走した。実家の両親からお金を工面してもらったり、妹から借りたり。そういったことを繰り返していくうちに、ミサキさんは親族と疎遠になった。もうミサキさんに俺以外で頼れる人間はいなかった。俺はミサキさんに月5万ずつ渡すようにした。初めのうち、ミサキさんは俺からの施しを拒んだ。さすがに義弟から金をもらうわけにはいかないと思ったのだろう。だが、遠慮できる余裕すらなくなってからは、深々と礼を言ったあとにすんなりと金を受け取るようになった。その時の俺は、資金提供の代償を求めなかった。なぜならあの頃の俺は純真無垢で、欲というものをほとんど持っていなかったからだ。

そんな俺が、ミサキさんを求めるようになったのは、とある昼下がりの出来事がきっかけだった。

その日俺は、昼過ぎまで寝入っていて、起きた時は昼の三時を回っていた。リビングに行き水を飲んでいると、リビングの隣の兄貴達の部屋のドアが開いていることに気づいた。俺には覗きの趣味などないのだが、動作せずとも首を傾けるだけで覗けるという状況と、既に少し見えている部屋の様子に、見慣れないものが写っているのが気になるのが、俺の好奇心を駆り立てて部屋の内部を覗かせた。兄貴達の部屋の中を覗くと、そこではミサキさんが子供に授乳していた。白いTシャツを胸の上までまくって、左の乳房をさらけ出している。黒いブラジャーを下にずらしている状態がいやらしい。静脈すら浮き出てみえるほどの白い肌に、ピンクいろの乳りんと乳首が見える。授乳期間中であるため、乳首は小指大ほど膨張している。その乳首に必死にしゃぶりつく赤子。うらやましい。なんてうらやましいんだ。いや、ミサキさんの乳房を見ている今の自分もかなり幸せだ。しばらく凝視した後、自室に戻って自慰にふけったのはいうまでもない。

別の日の夜、俺は冷たいものが恋しくなって冷凍庫を開けた。するとそこには、哺乳瓶があった。それを見て、先日みたミサキさんの乳房を想像し、いやらしい気持ちになる。しばらく冷蔵庫の前にたたずみ、妄想に胸ときめかせていると、背後から兄貴が声をかけてきた。

「なにつったってんだ。氷とるからどけよ」

すぐさまその場を飛びのき、ミサキさんに欲情していた自分を恥ずかしく思う。兄貴は氷をとりながら言った。

「ったく、ミサキのやつこんな所に哺乳瓶入れんなよな。ただでさえ狭い冷凍室がさらにせまくなっちまうだろうがよ」

「赤ちゃんに飲ませるから、鮮度に気を使うのは当然だよ」

「まぁな。母乳はいつでもでるわけじゃないから、こうして出るときに貯めておいて凍らせておくらしいんだけどな。にしてもアイスおく場所がなくなるのは困りもんだぜ」

俺は兄貴の言葉に度肝を抜かれた。なぜなら、冷凍庫に保管されていた哺乳瓶の中の乳は、ミサキさんの乳房から出た乳だったからだ。てっきり粉ミルクを溶かしたものだとばかり思っていた。

兄貴の話を聞いてからというもの、俺は冷凍庫を開けるたびに哺乳瓶に気を奪われた。あのミサキさんから分泌された体液。ミサキさんの体内で精製された極上の一品。どんな味がするのだろう?どんなにミサキさんに欲情しようとも、社会的信用を失う恐怖に打ち勝てないでいた俺は、ミサキさんに手を出すなどという卑劣な行為をやる勇気はなかった。だが、冷凍庫にある母乳に手を出すくらいの軽犯罪ならば、問題ないと思った。哺乳瓶を飲み干さなければいい。少しだけすくって溶かして飲むのだ。少量だけあればいい。少量であればバレはしないだろう。家には俺しかいない時、ついに俺は一線を越えた。

冷凍庫から哺乳瓶を取り出し、蓋を開け、スプーンで母乳をすくう。すくった母乳を皿にのせ、急いで自室に向かった。部屋に戻ると、すぐに鍵をかけ、椅子に腰かけミサキさんの母乳を堪能した。まだ溶けきっていないシャーベット状の母乳を、舌の体温でじょじょに溶かしていゆく。濃厚でクリーミーな味わいが舌全体に広がっていくと同時に、脳内ではミサキさんが乳房をしぼって哺乳瓶に母乳を注ぐ図が浮かぶ。ああ、おいしい。なんて美味なんだ。すでに完食しているにも関わらず、皿を何度も舐めた。まだそこに母乳が残っているかのように、何度も何度も。皿を数百と舐めまわした後は、ズボンを下ろしてふけった。何度も何度も。そして果てた。

それから今後のプランを練った。これからも続けよう。冷凍庫に置かれた母乳を、気づかれないように少しずつ搾取していく。別にいいじゃないか。俺はミサキさんに毎月資金を提供しているのだから。バレたとしても、なんら咎められる心配はない。俺は当然の代価をもらっているのだ。その時は気づかなかったが、俺は次第に傲慢になっていった。ミサキさんの母乳をくすねる悪習がついてから数週間が過ぎた。いつものように俺とミサキさんだけが家にいる日だった。昼食後の後片付けを済ませた後、テレビを見ていた俺にお茶を出したミサキさんが言った。

「冷凍庫に入れてある哺乳瓶の中身が、最近少しだけ減っているような気がするんです」

額からどっと脂汗が出た。何度も犯行を重ねるうちに、段々大胆になっているのは自分でも気づいていた。これくらいやってもバレないのなら、もうちょっといいだろう。そうしているうちに、一度に抜き取る量が、哺乳瓶の半分ほどにまでなっていた。

「本当に!?どうしてだろうね?凍ると少なくなっているように感じるからかも!?」

いい逃れしようとする俺の顔を、じっと見つめるミサキさんの目が冷たかった。

「本当のことを話してください。私はあなたにご恩があるので、変な事に使わないのであれば何もいいませんよ」

おっさんが母乳くすねといて変な事に使わないわけがないじゃんか!…と突っ込みたくなる気持ちをおさえ、ミサキさんの懐の広さを尊敬した。同居人が変態だとわかっても、今まで通り接してくれるのか。なんていい人なんだ。俺はミサキさんの優しさに甘えた。

「すいません。とっていたのは自分です。つい出来心で」

どんな出来心だ!

「正直にいってくださって、ありがとうございます。今度からは言っていただければ清さん用に、別に用意しますからいつでもいってください」

俺は状況が飲み込めなかった。これからは母乳が飲み放題!?よっしゃぁ!!!こうして俺は、次第に傍若無人の振る舞いをとるようになる。母乳を頂戴する権利を得た俺は、母乳を毎日堪能…するはずだった。だけどできなかった。理由は一つ。本人公認の母乳など、牛乳と大差ない。俺は母乳を飲みたかったのではなく、兄の嫁といかがわしい間柄になるスリルを味わいたかったのだ。言えばすぐに出してもらえる母乳にはスリルのかけらもない。これじゃ駄目だ。もっとスリルが欲しい。母乳以上のスリルといえば、あれしかない。そう、ミサキさんとの性行為。

こればかりは、いくら金を提供してもらっているとはいえ、許可するはずがない。どういう状況になろうが性行為だけはタブーだ。俺はそのタブーを踏み越えるための策を練った。一番てっとり早い方法は、いかがわしいムードを作り、少し強引に押し倒すという手だ。これは相手にもこちらに多少の好意がなければ成立しない。正直俺の見た目が異性に好意を抱かせるとは思えないので、強引な方法はパスだ。となると、ミサキさんに好意がなくとも俺とセックスを行う状況を別の方法で作らねばならない。やる気もないのに女がセックスを求める時とはどういった時なのか。この難題に、俺は早々と答えを出した。なぜなら、すでに答えはでかけていたのだ。ヒントは母乳だった。

資金を提供している立場の俺は、資金の代価を要求する権利があるのだ。ミサキさんは資金の提供を続けてもらうために、多少の無理はあろうとも要求を受け入れてくれるだろう。母乳すらくれるのだから、少し無理強いすれば体も…。早速俺は作戦を開始した。まずミサキさんに毎月行っていた入金をやめた。すると、一週間くらいしてミサキさんのほうから俺に声をかけてきた。

「あの、清さんミルクのほうは、もう足りてますか」

直接入金の催促は図々しいと考えたのか、金の代価としてあげていた母乳を自ら持ってくることで、暗に入金してくれるよう働きかける腹積もりらしい。

「もういらないからいいです」

本当はミサキさんが自らすすんで俺のために用意してくれた母乳に、心を動かされていた。だがここは我慢。この先にあるものを手に入れるための辛抱だ。

「そうですか…」

ミサキさんはその日、入金が滞っている件についてはふれてこなかった。まだ手持ちの金でやりくりできるのだろう。だが、それがつきたときは…。ミサキさんが平静を保っていられなくなったのは、それから三週間が過ぎた頃だった。一ヶ月がすぎ、再び俺の給料日が訪れた。だが、今回もミサキさんには一円も援助しない。するとさすがに焦ったのか、ミサキさんは俺の部屋にきて包み隠さず聞いてきた。

「こんなこというと、おこがましいかもしれませんが、いつも頂いていたお金、もうもらえないのですか?」

ついにきた。俺は用意していた台詞を、焦らないように落ち着いて言った。

「よく考えたら、ただでお金を渡してるのって、俺にとって何のとくにもならないんだよ…ね」

「でもいってくれたじゃないですか。ダイスケさんが働かないせいで迷惑をかけてるのが申し訳ないって。だから少しだけでも手助けできると嬉しいって」

「お金をあげるっていう手助けじゃ、何の解決にもならないってわかったんだよ。兄貴は働かないままだし、一時的に助かってしまうことで、ミサキさんもなんの行動も起こさない。結局二人の破滅を先延ばしにしてるだけなんだよ」

「じゃあ私はこれからどうすればいいんですか?」

ミサキさんはドア枠によりかかるようにして、脱力した体をなんとか立て直した。

「知らないよ。二人の問題は二人で解決してよ」

「そんな…」

鎮痛な面持ちで涙をこらえるミサキさんに、俺は近寄ってこう提案した。

「俺も少しだけ得がしたいんだよ。もしできるのならお金だしてもいいよ」

その日の夕刻だった。ミサキさんは自室に俺を招待した。

その部屋はミサキさんと兄貴が共同で使っているのだが、兄貴はほとんど家に帰ってこないので、ほとんどミサキさんの部屋といってよかった。きちんと整頓され、かぐわしい香りがほのかに漂っている。俺の来訪に合わせて寝かしつけたのか、傍では赤ちゃんがすやすやと寝息を立てている。ミサキさんは白いTシャツに黒のハーフパンツといういでたちだった。部屋の中央に立ち、まっすぐ俺を見ている。

「一つお願いがあるんですけどいいですか」

開口一番、ミサキさんがこう切り出してきた。

「キヨシさんの言ったこと、全部受け入れます」

俺は頭の中を全て見透かされるのを承知で、満面の笑みを見せた。

「ということは、いいってこと?俺と…」

「はい。でも今日だけは、手で許してくれませんか?」

少し不満だったが、俺は今日はそれで許すことにした。焦りすぎはいけない。どうせこれからはミサキさんの体をすみからすみまで堪能することができるんだ。初日は手コキで十分だ。むしろ今後に楽しみをとっておくことで次回の興奮が高まる。

俺はミサキさんの提案を受け入れ、されるがままズボンを下ろされた。他人に下着を脱がされるのは、少期か病床についている時だけだ。だからなのか、ミサキさんが膝を折って俺のズボンをおろし始めたときは、なんだか照れくさかった。子供扱いされているような、そんな気分だった。恥ずかしさはトランクスを脱がされる時にさらに高まった。チンポを美人の眼前にさらすという状況は、即性欲沸騰に繋がると考える人間もいるだろうが、実はそうでもない。なぜなら美人にチンポを見られる瞬間、男はためされるからだ。己のいちもつが目の前の美人にふさわしいかどうかを。美人が判断するのだ。ここでもし、美人が含み笑いなどしようものなら、男の心は傷つき、当分の間、もしくは一生チンポがそそり立つことはないだろう。いわゆるインポテンツ状態という恐ろしい氷河期に突入するのである。であるから、美人にチンポを謁見させる瞬間は、女と男の立場の逆転現象が起こるのだ。俺はミサキさんにチンポを見られる瞬間が、早く過ぎてくれないかと願った。すると意外にも早くその瞬間は何事もなかったかのように過ぎ去った。ミサキさんは俺のチンポに無関心だったのだ。自分はただ金をもらいたいがためにやっているだけにすぎない。そう割り切っているのか、一貫して無表情だった。

さも当たり前のように、俺のチンポの包皮をむき、邪魔な陰毛をかきわけ、左手でそっとなでるようにチンポをつかみ、ゆっくりと上下に動かした。自分で現状を作り出したにも関わらず、俺は頭がパニック状態に陥っていた。一生訪れることはないだろうと思っていた状況が今目の前で繰り広げられているのだが、それを事実であると受け入れられないのだ。兄貴の嫁であるミサキさんが、俺のチンポをしごいている。こんなことがあっていいのだろうか。現実を対処しきれない脳が、性欲の増殖を許可しないのか、俺のチンポは一向に勃起しなかった。だが勃起しなくとも満足だった。まるでウイスキーでもあおったかのごとく、視界がぼやけ気持ちよかった。

「見ないと出ないですか?」

ミサキさんの問いに、一瞬俺は何を言われたのかわからなかった。見ないと駄目?どういうことだ?返答に戸惑っていると、ミサキさんはおもむろに右手でTシャツをまくりあげた。すると黒いブラジャーにつつまれた右胸があらわりなり、ミサキさんはブラジャーをも下にずらして乳房をさらけだした。この間もミサキさんは常に無表情だった。

なぜだろうか、作業的に性欲処理をされているのがたまらなく興奮する。気づけば俺のチンポはギンギンに勃起していた。次第に、ミサキさんの白く細い指に透明で粘性のある俺の体液が付着していった。それを見て終わりが近づいていることを機敏に察知したのか、ミサキさんの手の動きが早くなっていく。思わず腰をひいてしまう。自分が攻めているというよりも、攻められている感じがするのだろうか。多少の劣等感を感じつつも、気持ちよさに酔いしれた。

「い、いくっ!」

「え!?あ!ティッシュ!」

射精後の対処までは考え至らなかったのか、ミサキさんは俺のチンポをしごきながらも必死でティッシュ箱を探していた。だがしかし射精には間に合わなかった。俺はミサキさんの上半身に精子を大量に散布した。Tシャツには薄黄色の体液が濃厚に付着し、顔にも少しばかり飛び火している。赤くうるんだ唇の隅に精子がついているのが見えた。俺の性欲はそれを見てさらに高ぶった。行為中まったく動いていないはずの、俺のほうがミサキさんよりも荒い息遣いで疲労していた。心地よい疲れだった。

ミサキさんのほうは、行為後の処理を淡々と行っている。汚いものをかけられたなどと、微塵も思っていないような無表情だった。俺にはありがたい無表情だった。

「終わったので、早めに出て行ってもらえますか。誰かが帰ってくるかもしれないんで」

そう言われ、俺は無言で部屋から出た。なにか少しだけ、当初の想像とは現実がズレているような気がした。想像ではミサキさんもある程度俺との関係に喜びを感じているようだった。二人で秘密を守りながら肉体関係を持ち続ける。現実はそんなにうまくいかないという事か。だがこれから先ミサキさんとの関係が深まっていく事は確実だろう。俺は今日味わった快感を反芻し、眠りにつくことにした。

翌日、朝リビングでミサキさんと顔を合わせたときは、気まずかった。どういう会話をしていいのかわからない。今まで通り振舞えばいいのか、それとも昨日の出来事を考慮して態度をかえるべきなのか。かえるとしたらどうかえるのか。高圧的にでるか?それとも…。

主(*´Д`)ハァハァ<つ…続きは??身近に美人でスタイル良しな人妻いたらその気持もわかるw

コメントを残す