【非日常での体験談告白】家出した3人組のJCに食事を与え、ホテルでハーレムH!

【 乱交の体験談】サイトで知り合ったJCの3人組。姉妹と姉の友達という彼女達は、ホテルで眠る間に次々と中出しSEXを受け入れていく。
地域サイトの書き込みの中、気になるものを発見。家出をしたらしい3人組のJC。期待せず会ってみると、そこにはアイドル並の容姿の3人が。食事後ホテルに向かい、熟睡する3人に次々に手をかけていく。同級生の2人とそれぞれ中出しをすると、妹が見ていて…
h_491love00223jp-8

かなり前に某サイトの地域コミュにて、気になる書き込みを発見。

何度かメールのやり取りをしてみたら、家出中のjc三人組でした。

あまり期待せずに会ってみると、待ち合わせ場所にアイドル並の家出少女が三人居ました。

家出三日目で、今までは昼は漫喫、夜はビルの非常階段で過ごしていたという話で、とうとうお金も無くなり雨が振り出し、出会い系も使えずに困り果てていたらしく。

俺しか、レスが無かったという。

とりあえずコンビニで食料を買い込み、ホテルへ。

1日マック一食の生活だったせいで、やたらと食う。

食欲が落ち着いたら次は風呂で、三人で入ってやたら何度も体を洗ってた。

一番歳上がサーヤちゃんで、ティーンエイジャー。

次は同級生のミキちゃんで、サーヤちゃんの妹のマーヤちゃん。

詳しい事は聞かなかったが、サーヤちゃんとミキちゃんの家出にマーヤちゃんがくっついてきたらしい。

風呂から出ると、三人でベットを占拠してグースカ寝ているので、まずはサーヤちゃんにイタズラ開始。

寝間着の裾を捲ってピンクの可愛いパンツを拝んだ後に、少し勿体ないけど脱がしにかかる。

熟睡していて、少し鼻息が聞こえたけど起きずに、少し陰毛の生えた綺麗なマンスジ満が現れた。

最初はゆっくり上下に舐めて、鼻息が荒くなった辺りからクリ責めに切り替えると、流石に目を覚ましたが。

サーヤちゃんとは約束ができていたので何も言われずにいるのをいい事に、スジ満がヌルヌルになるまで責めた後に、ナニをあてがいゆっくり挿入した。

彼氏とSEX経験があるらしいが大人のナニは初めてらしく、少し痛がるのをなだめながら小刻みにピストンしていると、感じてきたらしく、可愛い声がjcから漏れるので

「二人が起きちゃうよ」

って嫌がる口に無理矢理舌をねじ込んで、唾を流し込み飲ませながら一番奥に発射。

溢れたザーメンを拭いてあげると、また寝息をたてていました。

次はミキちゃんとしたくて、サーヤちゃんの足元に寝てるミキちゃんの隣で、添い寝。

寝間着の襟から手を入れて、硬くなった乳首を責めながら

「起きてるでしょ?」

と、耳元で聞いてみるが、寝たフリをを続けるつもりらしく。

目を閉じたままなので、寝間着の胸元をはだけて小振りのちっぱいオッパイを露出させ、貧乳は放置したままパンツの中に手を入れると、柔らかい陰毛の先にヌルヌルとした小さな割れ目がありました。

「濡れてるね?友達のエッチみて感じちゃった?」

と聞きながら、割れ目に添ってゆっくり指を這わせます。

息が荒くなった所で乳首を責めると、ぴくっって反応。

それでも寝たフリを止めないつもりらしいので、こちらも調子にのって、パンツをずりおろし股間に顔を埋め、ぷっくりとしたクリを舌で舐めていくと、流石に寝たフリもできなくなって

「や…やだ」

と、ロリボイス。

「友達に聞こえるよ?」

と言うと口を閉じたが、手足で俺の頭を股間から離そうと抵抗。

負けじと太ももを抱え込んで、激しくクリを責めると、

「ひゅー」

と息を吸い込んだ後に、小さく痙攣。

乳首を触ると、ぴくっと震えるので

「イッちゃった?」

と聞くと、泣き出してしまいました。

それが更に興奮して、ギンギンのナニを薄い陰毛の下のスジにすり付けると

「やだ!」

と抵抗するので、

「家に帰りたい?援欲しいでしょ?」

と痛い所をついて、抵抗が弱まったスキに深くナニをすり付け、ヌルッと先端が入った所に体重をかけると、一瞬の抵抗の後に、ズルッと根元までナニが埋まりました。

暫くキツいアソコを堪能した後にミキちゃんの体を起こし、駅弁でソファーに移動して、ソファーの弾力を利用してゆっくりとピストンを始めました

ミキちゃんは流石に痛そうでしたが声を殺して我慢していて、それが興奮して我慢できずに、オッパイを舐めキスをして、舌をねじ込んだまま一番奥に発射しました。

出した感覚があったのか

「うそ…中に出したの」

と目を開いて暫く呆然としていましたが、体をねじって抜け出すと風呂に駆け込み、シャワーを使い始めました。

後はマーヤちゃんですが、ふとベットを見ると、体を起こしてこちらを見ているマーヤちゃんと目が合いました

どうやら、ミキちゃんとのエッチを途中から見ていたみたいです。

マーヤちゃんに

「見てた?」

と聞くと、小さく頷きます。

サーヤちゃんに

「お姉ちゃん逹みたいに、おこずかい欲しい?」

と聞くと、また小さく頷きます。

今までの会話から、マーヤちゃんはお金を持ってなくて片身の狭い思いをしているのを知っているので、それにつけこみトイレに連れ込んで、便器に座らせナニを舐めてもらいます。

色々教えて気持ちよくなった所で、

「お姉ちゃん逹と同じくらい欲しかったら、最後までしないと駄目だよ?」

と言うと、覚悟はしていたらしく頷きます。

壁に手をつかせ、お尻の間からまだ毛も生え揃ってない綺麗なパイパンのマンスジに舌を這わせ、指で小さなクリを責めると、ミキちゃんのエッチを見て興奮していたのかすぐに濡れてきたので、立ちバックにて挿入。

しかし、ナニ先がめり込んでもそれ以上に入らずに痛がるので、先が入った状態で便器に腰かけ、マーヤちゃんの体重を使って一気に挿入。

「いぎゃ!」

と謎の叫び声が聞こえ、アソコがきゅっと締まって、後ろからオッパイを揉み、後ろを向かせて口内に舌をねじ込み腰を振っていると、ドンドンとドアを叩く音と

「ちょっと開けて」

と、サーヤちゃんの声が。

マーヤちゃんの

「お姉ちゃん!」

の声と、痛みで収縮するアソコに我慢できずに、本日三回目のザーメンをマーヤちゃんの中へ。

すっかり出し終えてからドアの鍵を開けると、飛び込んでくるサーヤちゃんと、ズルッとナニが抜けて股間を血塗れにしたマーヤちゃんが抱き合い、サーヤちゃんの後ろには怖い顔したミキちゃんが。

その後色々あったものの、追加で3人とのプレイを果たし。

ナニをマーヤちゃんに、タマを一個ずつサーヤちゃんとミキちゃんにしゃぶらせたり、尻を三つ並べて交互に犯したり。

最後はマーヤちゃんとミキちゃんに乳首を舐めてもらいながら、10代の家出少女とハーレムプレイで、騎乗位でサーヤちゃんの中に出して、締め括った。

次の日の朝…またムラムラした俺はこっそりマーヤちゃんとしていたが、起き出したサーヤちゃんに怒られ。

2人がシャワーを浴び始めると、寝ぼけまなこのミキちゃんに無理矢理挿入し、抵抗されながら中に出し、結構な追加を払ってホテルを出た。

最後にサーヤちゃんに

「タヒねばいいのに」

の捨て台詞まで頂いたw

主(*´Д`)ハァハァ<3人相手にそこまでしたら、そうなるなwww

コメントを残す