【非日常えっち体験談告白】当時中坊だった俺に立ちんぼが勘違いして…

【逆ナンでの体験談】塾の帰りに自転車で走っていると、立ちんぼの女性が声をかけてきた。彼女は成人男性と勘違いしていたが…
中学生になり、塾に通っていた時のこと。毎日夜遅くに終わる塾の帰り、自転車で道を走っていると、立ちんぼに声をかけられた。当時身長もあり、老けて見えた少年を、間違えて声をかけてしまったのだ。金がないことを告げると、フェラで1000円と提示され…
h_419oue00012jp-9

厨房の時に、フェラチオされた事がある。

小学校卒業して地元公立中に入学したのを機に、夜の塾通いが始まった。

結構熱心なところで、大体8時過ぎて塾のある駅周辺の夜の繁華街を通って、家路につくのが日課になった。

塾は前記のとおり、駅周辺にあるんだが、俺は電車を使わず、自転車通いをしていたんだ。

塾を出て、飲み屋や風俗が密集するエリアを抜け、駐輪場へ至る。

駐輪場が駅から少し離れているため、必然的に駅から遠ざかる形になる。

飲食店やデパートが密集してるエリアを過ぎると段々と人通りが少なくなっていくんだが、塾通いをはじめて一ヶ月くらいたったある日。

いつものように駐輪場へと向かう道すがら、突然、ぼうっと歩いている俺に声をかけてきたやつがいた。

「こんばんは、もう帰るんですか?」

「?」

声をかけてきたのは、女だった。

5月で夜はまだ少し肌寒かったが、歳は20後半くらい。

ノースリーブに厚化粧、髪は黒だがちゃんと美容室へ行ったらしく、整えてあった。

「お兄さん、遊んでいきませんか?」

今でこそ、すぐに街娼、いわゆる立ちんぼの類とすぐに分かるが、当時中一の俺には「遊んでいく」の意味が分からず、うろたえた。

「え、あの、いいですけど…?」

中一のガキに立ちんぼが声をかけるはずないじゃないかと思われると思うけど、当時すでに175cm超えで、老け顔の俺だ。

あとから中一とは思わず、20くらいだと思ったといわれた。

「あの、遊ぶって何してですか?」

「ホテル代別で大2枚ですよ」

「ホテル代って?」

「持ち合わせないの?」

「はい、塾の帰りですから…」

というかお金ないと言った時点で、少なくとも商売女は俺を相手にしないのが常識だが、その女はなぜか興味を引かれたのか食い下がってきた。

「じゃあホテル行かず、その辺の陰で抜いてあげようか?

特別サービス1000円でいいよ」

俺はエロに対する知識もなく、親しげに話しかけてきた女をあしらう勇気もなく、相手の言うがままに従った。

金はギリギリ1000円くらいあった。

中一にとって1000円は大金だが、相手のペースに巻き込まれて流されるままに、女の後に従った。

女は、夜中でほとんど人通りのない陸橋の会談の踊り場へと俺をいざなって、ズボンを下ろすように促した。

エロに対する漠然とした憧れが芽生え始めたその頃、まだフェラという言葉も知らなかった。

というか、オナニーすら経験したことがなく、当然意識を伴った射精を経験したこともなかった。

俺はためらったが、薄暗く娼婦と俺以外は誰の息遣いも聞こえない場所では女の言うままにする以外、考えられないほど動揺し、女の言にしたがってズボンとパンツを下ろし、しゃがむ女の前に立った。

立ちんぼが、階段の踊り場に置いたバッグからウエットティッシュを取り出し、数枚引き出して、俺のちんこを拭った。

仮性包茎で、ちんこの皮をむくという行為すら知らなかった俺だが、女はちんこの表皮を根元へ据えた左手で引きながら、亀頭のてっぺんからカリの周囲、サオと丁寧に拭っていった。

そのヒンヤリとした感触と女の作業を黙ってみながら、ポポロクロイス物語をやっていた。

当時の俺には、想像できない世界が目の前にあることにわけも分からず、興奮していった。

「失礼しまーす」

と言って、女はちんこの亀頭の部分に舌先を当て、割れ目の部分をちろちろと上下にねぶった。

「んんあ?」

鈍い感触だが、今まで感じたことのない痛みとくすぐったさとかゆみを合わせたような感触に、驚いた。

エロの予備知識はなくとも、俺はエロいことをされている、と理解できた。

今まで布団の中で猛烈にエロい感覚に襲われたことが何度かあったが、オナニーを覚えていない当時の俺は、その処理の仕方が分からず悶えているだけだった。

その時のちんこのむずがゆいような、くすぐったいような感覚が、ちんこの根元、腹と上がっていき、肩から抜けた瞬間に思わず身震いした。

先っぽをちゃぷちゃぷとなめ亀頭責めしていた娼婦は、今度は大きくくわえこんで激しく頭を上下させながら、亀頭からサオまでの全体を刺激しはじめた。

左手は玉をもてあそぶ。

次第に身震いが強くなっていった俺だが、例の感覚が肩から抜けることなく頭のてっぺんへたどり着いたと思ったら、背中側からはね返って下降をし始めるのを感じた。

そしてちんこの根元が熱くなったと思ったら、それが徐々に先っぽの方へと向かっていくのを感じる。

熱く、かゆく、くすぐったい変な感覚。

女が速度を緩めずに、激しいフェラを続ける。

初めての射精はすさまじい痙攣を感じながら、女の口の中へと放出された。

「うっわっ!!!」

「んん~~」

「うっ、うっ、うっ…」

「お兄さんいっぱい出たねー。溜まってたの?」

「いや、ん、そんjふぁうぃえrkぽ…」

「え?」

「ちんこ弄るの初めてで」

「うっっそー?お兄さん歳いくつなの?」

「12歳です…」

女は驚いていた。

見た目からは、中一とは判断できないだろう。

少なくとも高校生と間違われることが多かったし。

女は中一の男をはじめて精通、射精へ導いたことに興味を持ったようだ。

女「私、いつも週3であの辺に立ってるから、またお小遣い溜まったらおいでよ」

性に目覚め、エロガキになった俺は、フェラの衝撃で軽くひねられた。

俺は塾へ通い始めたことでもらうことになった小遣い数百円と毎週のジャンプ代のほとんどをはたいて、毎週、女の元へ通い、あの階段の踊り場でフェラを受けるようになった。

オナニーの段階をすっ飛ばしてフェラの味を覚えた当時の俺は、性欲の塊となっていた。

射精の原理がちんこを刺激することと覚えたことで、オナニーには簡単にたどりついた。

エロ本やAVなどが友達間で貸し借りされはじめる頃だと思うが、俺のネタはいつでもあの女にフェラされているときの記憶。

毎日毎日抜きまくった。

家だけでは飽き足りず、学校の授業中、仮病で教室を抜け出して保健室のベッドで抜いたりしていた。

当然、塾の終わりは、あの女の元へと直行。

階段の踊り場で、フェラやテコキで射精されられるのを、至上の喜びとした。

女と軽い会話をするようにもなったが、俺のちんこは敏感すぎるらしい。

フェラで数分で絶頂に達するし、亀頭に舌を這わせると微妙に痛いし。

奈良と塩田がいうところの、亀頭が皮膚化されず粘膜のままだった当時の俺は常に亀頭を露出された状態で、白ブリーフからトランクスへとかえることにした。

むいたままトランクスを履いていると最初の頃は刺激が強すぎ、それだけでちんこの先がぬるぬるしてきたり、少し足の向きを変えるだけでたまに

「あっ!」

という感覚に襲われた。

女とは、本番はしないが毎週抜きにくる常連となっていたので、馴れ合いのようなものも生まれた。

毎回1000円でフェラするだけでなく、例えば塾で行われる模試や学校の中間期末試験の結果がよければ、一回分500円でフェラ。

偏差値65超え、無料フェラなどのサービスを付けてくれるようになった。

まぁ性欲が原動力ではあるが、それで俺の成績はぐんぐんと上がっていき、中学では上位3人の位置を常にキープし続けた。

んで、塾の講習会で半日異常拘束され、またいつものように女の元へとたどり着いたある日のこと。

女が俺に提案をしてくれた。

女「いつも来てくれるし、勉強もがんばってるみたいだから、特別サービスしてあげる」

俺「特別?何ですか?!」

女「ホ込み5000円でいいよ」

要するに、ホテル代込みで5000円で本番してくれるという提案だ。

セックルの意味もこの頃には十分学習し、その提案を耳にした俺は一気に沸点に到達しそうになったが、冷静になって考えると1000円しか用意していない。

そのことを女に告げると、

女「お金は次の機会でええよ。どうせいつも来てくれるんでしょ?」

また新たな一歩を踏み出すときが来た。

俺は期待と不安で手を震わせながら、女に1000円を渡し、誘われるままに夜のホテル街へと歩みだした。

ホテル代は実質女持ちであるからなのか、今だからこそ分かるがこの近辺最底辺のラブホへ着いた。

17時以降でも、休憩3500円。

ドアを開けて部屋の中へと入れば、たたきの10センチ奥に布団が敷いてある。

ベッドではなく布団だ。

布団部屋が4畳、それに風呂場が付随しているだけの恐ろしく簡素な作り。

風呂場は50年物の銭湯のようなくすんだタイル張りで、風呂桶はない。

シャワーは、熱湯か真水。

まさに最底辺のラブホにふさわしいが、当時の俺は、これがスタンダードだと思ったものだ。

染みだらけのカーペットにバッグを置いた女は、

女「じゃあシャワー浴びるから全部脱いで」

と、自分も脱ぎ始めた。

俺は言われたとおりに上着のボタンを外し、袖を抜く、という作業をしながら、女の着替えを凝視し続けた。

初めて見る女の下着、裸体。

緊張が極度に。

女の下着は上下、黒。

やはり体を張った稼業に励んでいるだけに、若干皮膚がたるんだ、肥満体ではないものの緩んだからだをしていた。

ただ、当時の俺がそんなことに不満を抱くはずもなく、むしろ最低Dはあるであろう、その揺れる乳に意識がむいた。

女「ここのホテルよく使うんだけど、シャワーがよくないから」

といって、全裸の女は俺を風呂イスに座らせ、手桶に湯と水を交互に汲み、適温のお湯を作ることに腐心していた。

女「じゃあ立って」

女に命ぜられたとおり、俺は立ち上がった。

女は手桶で水を小出しにしながら俺の股間、ケツの周辺にボディソープの泡を立てた。

何もかも初めてなのだが、石鹸でぬめったケツの穴、会陰部分を弄ばれるように洗われるだけで、過敏な神経が反応しそうになり、ほぼ行きかけました。

すいません。

女「もうこんなにしてー」

と笑いながら、ソーププレイもどきで、ちんこをしごく女。

女と出会って、修行を開始しなければ耐えられない刺激が、ちんこを襲う。

俺は女にされるままにしながら、もろ手を乳へと差し伸べた。

乳は若干たれ気味ではあるが、見た目より弾力があり、俺の手指を押し返す。

乳首は小さめ、乳輪は薄いベージュ。

女「まだだーめ」

女に制せられ、ひっこむ。

女は下半身が終わると、上半身を軽く洗って流すと、俺に先に出ているように命じた。

部屋の照明はダウンライト。

というか、一般家庭の蛍光灯の小さいランプ。

薄暗い中で、女の息遣いが身近に感じる。

4畳の狭い部屋が、妙に暑かった。

女「初めてだよね?エッチ」

俺「はいええ…」

女「おばさんだけど、いいのね?」

俺「お願いします」

なんてベタな会話があったのかもしれないが、覚えていない。

女はキスはしてくれなかったが、最初に俺の首筋に柔らかい舌を這わせてきた。

次いで、鎖骨のくぼみをぺちゃぺちゃと湿り気のある音で高く舐め上げる。

女「やらしいでしょ?」

乳首を指でいじられたあと、そこへも舌が。

部屋の温度が高かっただけなのか、無性に汗がしたたった。

汗に混じり、女の唾液が舌を伝って、腹のところどころくぼんだ辺りに溜まる。

フェラはいつもされているから慣れていたが、仰臥し、ぴんと脚を張ることができる体勢では気持ちよさのランクが違った。

女「んっ、んっ、んっ、んっ…」ジュプジュプジュプ

俺「うっんっ…んあぁぁあ」ピュッ

あっという間に、一回目の射精に至ってしまった。

女「いうもよい…っえ、早いね」

精液をティッシュへ吐き出しながら、女が笑う。

今では1日2回やると限界だが、その当時の俺は多くの男子がそうであるように、5回は余裕だった。

3分程度休憩すると、ちんこは若干過敏だが(矛盾)、ギンギンの状態が再びやってきた。

女「じゃあそろそろ入れちゃう?」

女の提案に、もちろん否やは無かった。

これもまた初めてであるが、女に仰向けの状態でゴムを被せてもらって、そのまま騎乗位で入れてもらった。

よく女の中はあったかいというが、そんな感覚は無かった。

俺のちんこの温度の方が高かったからだろう。

女「痛くない?」

俺「はい…」

女「じゃあ動くよ」

女は俺の胸にもろ手をついて、上下の運動を開始した。

あらかじめまんこにローションか何かを仕込んでいたようで、湿り気は申し分ない。

ニチャ、グチャ、チャ、チャ、ンチャ…

女がケツを持ち上げ、ちんぽの亀頭を残して引き抜くたび、湿った音が聞こえた。

俺はただ興奮していた。

と、女がちんこの出し入れをしながら、肩についた右手を俺の顔へと差し向けた。

俺「どう、はっ、したの、はっ、はっ?」

女は応えず、俺の口に人差し指を差し込んできた。

ちんこの出し入れの刺激のたび、俺の全身の筋肉は緊張し、女の指に前歯が食い込む。

俺「痛いでしょ?はっ、はっ」

女「大丈夫。こうするのが好きなの」

その言葉を聴いたとき、最大の痙攣が起こった。

目を硬く閉じ、体内からありったけを絞るように、絶頂に達した。

あまりの快感にぼうっとしながら薄めをあけると、女は歯形が付いたであろう己の人差し指を舐めながら、俺を笑っていた。

素人童貞なんて言葉は知らなかったが、これが俺の初めてのセックルに変わりは無い。

今でも、あの女のうっすら汗ばんだ肌とぬらぬらと黒いまんこの割れ目を思い出すと、居ても立っても居られない気分になってしまう。

射精したあと、添い寝をしながら、いじらせてもらえなかったおっぱいを揉ませてもらい、まんこに軽く指入れもさせてもらった。

そうしてこの年が終わり、もうすぐ春がやってこようという頃、女がいなくなった。

それまでも別の客をとっていたか、たまたまその日来れなかったか、女に会えない日はたまにあったが。

が、それでも一週間を超えることはなかったんだが、そのときは二週、三週…と女の姿をあの街路に見出せない日々が続いた。

今になって思えば、その道に立つ女と裏の人たちとの契約が切れたか、警察の摘発にあったか、廃業したかなのだが。

それ以来、その女とは会うことはなくなった。

あの女は、今どこで何をしているのだろうか?

俺はといえば、フェラを覚えるのは異常に早かったが、いまだに素人童貞である。

女と出会って物入りが一年続いたため、当時毎週買っていたジャンプを立ち読みで済ますことになり、ワンピースも黒猫海賊団のあたりまでしか読んでないので、あとは知らない。

ワンピースが、これだけブームになろうとは。

さて、駆け足になってしまったが、ここまでお付き合いいただいてありがとう。

最後に、あの三浦理恵子を崩した感じの立ちんぼさんにもう一回会いたい!

主(*´Д`)ハァハァ<10代の頃の甘酸っぱい?思い出だね!

コメントを残す