【非日常えっち体験談告白】女友達を脱がせてアソコをじっくり鑑賞会

【覗きの体験談】女友達2人と宅飲みをしたときのこと。先に寝てしまった女友達にイタズラを思いつき…
高校から仲のいい、女友達2人と飲んだ時の事。チエはガードが固く、初めては今の彼氏と。その後も関係は続いている。ミコは振られたばかりという状況で、チエに意地悪のつもりで猥談を持ち掛けていた。酒に弱いチエが寝てしまうと、ミコが悪魔の言葉をささやき…
62hhpdr00344jp-13

女友達のミコとチエと、俺の三人で飲んだ時の話。

ミコとチエは高校時代からの親友同士で、俺は共通の友人(男)を通じて二人と仲良くなり、いつからか二人とは恋愛の相談をしたりすることで、だんだんと三人で飲むことが多くなっていった。

その日はミコが振られたばかりだったのと、次の日が三人とも休みだったのと、場所が店ではなく俺の家だったこともあって、いつも以上に飲んだ。

ミコは強いが、チエはそんなに強くなくて、途中からいつになくテンションがあがり、普段はあまり話したがらない彼氏(チエにとって初めての彼氏)のことなども話し出した。

ところが振られたばかりのミコはどうやらそれが気に食わないらしく、わざとHな質問ばかりチエにした。

と言うのもチエは普段絶対にと言っていいほど下ネタを話さないから、ミコとしてはささやかな嫌がらせなのだ。

でも結局はチエはそれをうまいことかわし続け、ミコはストレスを溜めていった。

そしてそれから数時間飲んでからだったか、ついにチエがその場(座椅子)で眠ってしまった...。

チエのその時の格好は上がチェックのボタンダウンのシャツで、下が俺がリラックスして飲めるようにと、貸してやったスウェット素材のハーフパンツ(大きめ)。

今まで何とも感じなかったのに、眠って無放備になるとハーパンから伸びる白い足が異様にエロい。

(注:脚フェチじゃないよ)

チエは、アムロをショートカットにしたような容姿。

正確は明るいけど、男関係はすげぇ真面目。

俺的にはカワイイとは思っていたけど、女としては魅力をあまり感じていなかった。

すると俺の視線に気付いたのか、ミコが口を開いた。

「チエ寝ちゃったね。この娘寝たらちょっとやそっとじゃ起きないよ。どうする?」

「ミコまだ眠くないだろ?もうちょっと喋ってようぜ。」

すると、ミコはとんでもないことを言い出した。

「チエ、いたずらしちゃおっか?」

「えっ」

聞こえてるくせに聞き返す俺...。

「イタズラしようよ。起きないからバレないって。」

「やばいだろ。裏切れねーよ。」

「なんか最近チエむかつく時あるんだよねぇ。

ホントはK(俺のことね)もスケベなこと考えてたくせにぃー。」

「バレたぁ~ん!」

「やらしぃ~い。」

このミコの言葉で、俺の理性とチエへの友情は吹っ飛んだ...。

とりあえずテーブルの上を片付け、テーブルをどかしてチエの前にスペースを作った。

「イタズラっつっても何するよ?」

と俺。

「いや、私は別にそういう趣味(レズ)ないからKの好きにやりなよ。」

「オマエ、ぜってぇー言うなよ。」

「言うわけないじゃん。」

まだ何もしてないのに、その時すでに俺は半だちになっていた。

まずハーパンの裾をめくって、パンティーをチェックした。

「おっ、水色!」

思わず声を出してしまう俺。

「声デカいって!しーっ。」

「わりーわりー。」

「真面目ぶってるわりには、結構えぐいのはいてんね。」

確かにチエのパンティーは横側もかなり細く、そして正面はうっすらとヘアーが透けていた。

そのまま脱がしたい衝動に駆られたが、とりあえず上から攻めることに。

チエが目を覚まさないように、気をつけながらシャツのボタンをひとつずつはずしていく。

もうこの時、俺の心臓は今まで経験したことないくらい激しく動いてた。

ミコは、ニヤニヤしながら見ている。

なんとかボタンを全部はずすと、パンティーとお揃いの水色のブラが現れた。

今まであまり気にもしていなかったが、チエは背が低くて細いわりには、まぁまぁ胸があった。

多分、それでもCくらいかなぁ。

「おー」

やっぱり声が出ちゃう俺。

「どうしよう?ホック後ろだからはずすわけにはいかねーよな?」

ミコにたずねる。

「さすがに引っくり返したら起きるかもね。ずらしちゃえ。」

はずすのは諦め、ブラを下側からずらした。

チエの胸は期待を裏切らない最高の形で、乳輪も大きからず小さからず、そして乳首は見たこともないくらいキレイなピンクだった。

「うわっ、すげーキレイな色!」

相変わらず声が出ちゃう俺

「やっぱ、あんまやってない娘は乳首ピンクってホントかもね。」

「ミコは?」

ここぞとばかりに聞いてみた。

「私はいいの。スケベ!」

俺は、チエの胸を見るだけじゃ我慢できなくなっていた。

でも触る勇気が出ない。

「触ったらやばいかなぁ?」

ミコにたずねる。

「大丈夫でしょ。」

なんて心強い返事!

「じゃあ触っちゃおうと。」

そう言って、俺はふざけてミコの胸を服の上からもんだ。

「ちょっと、信じらんない!」

ちなみにミコは、めちゃめちゃカワイイってほどでもないが、それなりにカワイく、ぽっちゃりしてて明るい性格でみんなから人気がある。

酒が入ってるせいか、極度の興奮のせいか、何故かそんな行動に走った俺。

ミコの胸は意外に大きかった。

そのままエスカレートしようとしたが拒否されて、チエが目覚ましたりしたら最悪なので、それ以上はしなかった。

幸いミコも

「変態!早くチエどうすんの?」

と笑ってて、怒っている様子はない。

そしてこの行動が、不思議と俺から迷いや緊張を消し去っていた。

目の前には、おっぱい丸出しのチエが横になっている。

いつも一緒に遊んでるチエの胸かぁと思ったら、凄い興奮だ。

気が付くと俺の手は、チエの乳首をいじくっていた。

そして今考えるとすごいが、右手でチエの左胸を揉みながらその乳首をなめた。

「いやぁー、やらしぃー!」

ミコがそう言いながら、その様子を覗き込む

そしてひとしきりチエの胸を楽しむと(ミコも一緒になっていじってた。)、ブラをなおしてシャツのボタンをはめて(これがすげーめんどくさかった!)、次はついに下に移った。

ハーパンはいてる状態でイタズラしようかとも思ったが、チエが全く起きそうもないので、思い切ってハーパンを脱がすことにした。

チエの体をあお向けから少し横向きにするような状態にしながら、二人がかりでハーパンを脱がす。

一応起こさないように慎重にやったので多少苦労したが、素材が柔らかくてしかもサイズが大きいせいか、思ったよりあっさりと成功!

そしてまた、チエの体をあお向けに戻す。

この時初めて、今チエが目覚ましたらどうしよう?と具体的な不安が襲って来た。

「起きたらどうしよう?」

ミコにたずねる。

「起きないよ。もし起きたら、私が着替えさせてあげてたとか、なんとか言えばとりあえず何とかなるよ。」

こういう時、女の協力者(と言うより発案者ね)がいると頼もしい。

座椅子の上には、パンティー一枚であお向けに横になってるチエ。

今まで、何度かブラチラを見たぐらいで、パンチラすら見たこともなかったチエのこの姿は我に返ると興奮する。

改めて感じたのは、チエはすごいスタイルがいいってこと。

細い手足、ウエスト(さっき堪能した)程よい大きさで形もいい胸、そして最高にキレイなピンクの乳首...さぁ残すは水色のパンティーだけ。

早速パンティーの上辺(でいいの?)を持ち上げて、ヘアーをチェック。

現れたのはパンティーに押しつぶされてぺったんこになった真っ黒なヘアー。

なんとなく薄いのをイメージしてたんだけど、意外にも結構濃い。

そのギャップがまた興奮を誘い、無意識に俺はチエのヘアーに手を伸ばしてしまった。

ざらざらした感覚がたまんない。

さぁ問題はこの先。

こうなったら、何としてでもチエのアソコが見たい。

今を逃したら、もうこんなチャンス二度とないだろうし...とても迷っていた。

パンティーの股間の部分をずらしてアソコを見るか、それとも勇気を出して脱がしちゃうか。

頼りのミコに相談。

「脱がすのは、さすがにヤバいかなぁ?」

「ここまで来たら、もう脱がすっきゃないっしょ。」

「チエ、さすがにかわいそうじゃない?」

思ってもいないことを言う俺。

「いいよ、むかつくし。わたしもチエのアソコ見てみたいし。」

「そうなの?まぁいくら女同士でも、人のアソコなんて見る機会ないもんな。」

「まぁね。チエついこの前まで処女だったから、多分すっごいキレイだよ。」

「ホントにタケシ君(チエの彼氏)が初めてなの?」

「それは間違いない。チエもてるけど、ホントガード堅いからね。」

もう俺の決心は固まっていた。

脱がそう!

まず万が一起きた際に時間を稼ぐために、顔に呼吸が苦しくならない程度にタオルケットをかける。

これで罪悪感や不安は多少減る(気がするだけ?)。

ミコも手伝ってくれて、パンティーの両サイドを少しずつ下にずらしていく。

徐々にあらわになるチエの黒い茂み。

こんなカワイイ顔してても、チエもやっぱりボーボーなんだなぁ、などと当たり前のことに異様に興奮する俺。

もう喉がカラカラだった。

かなり時間をかけて、なんとかチエのパンティーは膝の下まで来た。

チエはさすがにガードが堅いというだけあって(?)しっかり足を閉じて眠っている。

だから、まだ肝心の部分は見えていない。

ガードの堅いチエも、まさか知らないうちに信用している(はずの)友人達にこんなことされているとは、思いも寄らないだろう。

チエの鉄壁のガードもアルコールと睡魔と、信用があればイチコロ!

と、その時。

ミコがさっと、チエの右足だけをパンティーから抜いてしまった。

一瞬のことだったので、足を上げた時にチエのその部分がチラッと俺の視界に入ったが、妖しげな暗みしか確認出来なかった。

「男ってこの状態好きでしょ?」

とミコ。

「ミコ,いつもパンティー片足だけ通したまんま、やってたってこと?」

「もう、私のことはいいから!さぁご主人様、お食事の準備が出来ましたよ。」

ミコはおどけてるが、確かに目の前には、ご馳走が...。

あのチエが、下半身全裸で眠っている。

もうこうなったら、チエのアソコを拝ましてもらうしかない。

いよいよ、この時が来た。

生まれてからこんなに興奮したことはない。

パンティーが残ったままの右足を膝を曲げながら、開いていく。

そして...ついに、ついに、チエのアソコが現れた。

ヘアーは直毛で逆三角形。オマ○コの周りにもしっかりと生い茂っている。

チエのオマ○コは、やはりミコの予想どおりキレイだった。

結構大きめのビラビラはしっかり閉じている。

そーっとその感触を楽しみながら開いてみる。

この時思わずクリ○リスを触ってしまったが、起きる様子はない。

中もピンクで超キレイ!

これが夢にまで見た(っけ?)チエのオマ○コかぁ。

こんな風になってんだぁ。

興奮のあまり、俺はパンツの中のチ○コを握った。

「ちょっと何してんのよ?」

とミコ

「いや、もうガマン出来ねぇーって。」

「まじ?じゃぁKのも見たーい!見ぃーして。」

と言って、ミコはすかさず俺のジャージとパンツを下ろす。

「ちっちゃーい!」

(すいません、小さいんです。)

「うるせーよ。ねぇミコお願い!口でして。」

「やだって!」

「じゃあ手は?」

しばらく考えるミコ。

「もうしょうがないなぁー。」

と渋々OK。

ふたりともチエのオマ○コに顔を近づけながらも、ミコの手は俺のをゆっくりしごいている。

(想像してみて。これ凄いアホな体勢だから。)

「なんかチエ、毛濃くない?でもやっぱアソコはキレイだね。」

とミコ。

「俺こんなキレイなのみたことないんだけど。ちなみにミコのは?」

「はぁー?何言ってんの。まぁ私のはキレイだけどね。」

「うそつけー?」

「何それ、失礼だなぁ。」

「じゃあ見せて!」

「殺すよ。」

そんなやりとりをしているうちに、ついに俺の理性が吹っ飛んでしまったのか、無意識にチエのオマ○コに口をつけてしまった。

「ちょっと!やりすぎると、起きるよ!」

ミコが注意する。

でもガマン出来ず、ミコにどいてもらい俺はクンニを始める。

「もうしょーがないなぁー。」

そう言うとミコは、顔を俺の下半身の方に下ろしていった。

すると次の瞬間、股間に生ぬるーい快感が...なんとミコが俺のチ○コをくわえていた。

なんて凄い体勢の三人!

なんじゃこりゃあー?

696って言うの???

俺はチエのオマ○コに集中した。

もう起きちまったら、そん時だっ!

「タケシ君ごめんねぇ。彼女のオマ○コ舐めさせてもらってまぁーす。」

なんか、そんな自分の言葉にも興奮する。

あのチエのオマ○コが、今俺だけのものになってる。

しかも本人はそれを知らない...。

ミコの素晴らしい奉仕もあって、俺はあっと言う間に果ててしまった。

その後は...(この辺スレ違いだから、多少簡潔に書くよ)

ミコの口を拭き、また苦労しながらチエの服を元どおりに着させた。

「ミコもやらしい気分になっちゃた?」

「ちょっとはね。自分だけいきやがって!でも私は平気。」

「じゃあ、やるか?」

「絶対いや!」

俺は勢いで、ミコに襲い掛かった。

ところがキスして服の上から乳もんで、強引にパンティーの中に手を入れて、オマ○コを触ったところで、激しい抵抗にあい、あえなく断念。

チエの代わりにやられるみたいで、嫌だということだった。

まぁ、そんなに何でもかんでも上手くはいかねーか。

下半身であんなに抵抗にあうんなら、先におっぱい見ときゃよかった。けっこう揉み応えあったし。

でもミコは全然怒った様子もなく、笑いながら

「今日はKの本性、いっぱい見ちゃった気がする。」

そう言われて俺は、なんだか我に返ってしまい異様に恥かしくなった。

「自分だって、濡れてたくせに!」

照れ隠しに言う俺。

「怒るよっ!」

「まぁ。とにかくありがとな。」

そしてうちら二人はその後程なくして寝てしまい、翌朝二人してチエに起こされた。

「ちょっといつまで寝てんの。早く起きなよ。」

チエはもうすでに着替えていた。

上は昨夜のシャツにベージュのジャケットを着てて、下は黒のローライズのピッチピチのジーンズ。

昨日の夕方見た時はなんとも思わなかったのに、今は不思議とチエが少し色っぽく見える。

さらに、オマエの全てを見させてもらったよ、みたいな優越感(?)も感じた。

「なんか二人ともすっごい熟睡してたよ。」

と、チエ。

俺とミコは一瞬目があった。

多分二人とも同じこと思ったと思う。

“それ、こっちのセリフ!”

結局、その後ミコともその話題が出たことはない。

まぁチエを見る度に思い出すし、何度も記憶を頼りに抜いたけど。

でも、未だにあれは幻だったのかなぁ?と感じる時がある。

それだけに悔やまれるのが、当時俺がデジカメを持ってなかったこと!

まぁ、こうして記憶という名のアルバムには残ってるけどねっ。

主(*´Д`)ハァハァ<まさか寝てる間にアソコを覗かれているとは思わなかったろうね。

コメントを残す