【 非日常えっち体験談告白】隠れ巨乳のナースに勃起した息子を見せるイタズラ

【病院での体験談】入院していた病院のナースが気になっていた男性。普段は真面目そうな彼女が、勃起した息子をガン見する!
入院先の病室には、長く入院している同じ大部屋の住人がいて、彼らはナースについてかなり詳しかった。中でも気になっていたナースのことを聞くと、20代独身、隠れ巨乳ということを教えてくれた。そんな彼女に好意を持たれていると感じた男性は悪戯を思いつく。
84umso00111jp-4

スキー旅行で靭帯を痛めて、入院した時のナースとのエロバナです。

たぶん、誰でも簡単にやれる悪戯です。

数年前に入院した時、僕は大部屋の入り口のベッドでした。

みんな入院中は暇だということで、向かい斎藤さんとその隣の小林さんがすごくよくしてくれて、いつも三人で一緒にいました。

その二人は僕より前から入院していて、すごくスケベでいろんな看護師さん達の情報を知っていて、名前はもちろん年齢、既婚者か未婚かとか彼氏はいるかとか、私服はどんな感じとか。

あの子はミニスカートで出勤してくることが多くて、脚がめちゃくちゃ綺麗だ!とか、あの子は見かけによらず胸が大きいとか。

どうやって調べたのかというくらい詳しくて、暇な入院生活には楽しい人達でした。

そんなある日。

僕が看護師さん達の中で好みの子がひとりいて、二人がその子の話をした時があって、僕は他の子より集中して聞いていました。

情報によると、彼女は〇川ゆりさん。

26歳で未婚、彼氏なし身長160㌢スレンダーな体に、白衣の上からはわからないけどFカップはある、というのです。

正直、僕も気にしてチラチラみていたけど、色白で細くて、どうみても胸は大きくは見えなかった。

けどその二人の話では、夕方彼女が仕事を終えて帰るとき、私服姿を見たことがあるとのことで、体にピタッとしたニット系の服を着ていたらしくて、その胸は細い体に似合わず、ツンと突き出て相当でかかったというのです。

二人は、ゆりさんを[おっぱい姉さん]と呼んでいました。

そんな話を聞いてからゆりさんがよけい気になってしまい、ゆりさんの胸をチラチラ見たり、夜ベッドの中やトイレに行っては、ゆりさんをネタに何度もぬいていました。

そんな日々が続いていた、ある日のことです・・・。

手術後、抜糸をするまでの間お風呂に入れなかったので、毎朝看護師さんがタオルを二枚持ってきて(青いタオルは上半身、黄色いタオルは下半身)くれていて、早く風呂入りたいなーと思っていました。

その日も朝、いつものタオルを持ってきてくれる時間になり、待っていると

「タオルどうぞ!青は上、黄色は下ですからね!」

と、おっぱい姉さん。じゃなかった、ゆりさんがきました。

意識していたので、ドキドキしてしまいました。

その時は、向かいの二人はどこに行ったのか、いなくて

「あれ?斎藤さんと小林さんはいないの?」

と聞かれたけど、僕もわからなかったのでそう伝えると、ゆりさんは僕にだけタオルを渡して次の部屋に行ってしまいました。

その時ちょっと書き物をしていたので、それを終えてから体を拭こうと思い、カーテンを閉めようとベッドから降りようとしているとき、再びゆりさんが部屋に入ってきました。

どうしたのかな?と思っていると、ゆりさんが話かけてきました。

「早くお風呂入りたいでしょ!背中とか届く?拭いてあげようか?」

「えっ~いいんですか?」

僕はびっくりしました。

でも、拭いてもらえるならちょっと嬉しいかなと思い、お願いすることにしました。

いつもの二人はいないし、奥におじいさんしかいなかったので、カーテンを締めて中に二人きりになった時、凄くドキドキしながらTシャツを脱ぎ、上半身裸になりました。

背中を拭いてもらい、腕や首、腋の下胸やお腹も拭いてもらい、足も拭いてもらって膝のうらや太ももまで拭いてもらってる間、

「手は怪我してないし自分で拭けるのに、でもラッキーだな!」

と思いながら、

「後残りはお尻とあそこだけだな、拭いてもらえるのかな?

ちょっと恥ずかしいけど、拭いてもらいたいな。」

と、お腹や太もも辺りを拭いてもらってる辺りから意識しているうちに、僕のあそこは完全にテントを張っていました。

「さぁ、次は~」

と期待していると、ゆりさんの視線が僕のテントを張った場所を見たような気がしました。

一瞬、ドキッとした表情をしたような気がしました。

すると

「あっ!後は自分でお願いしますね」

と言って、カーテンの外に出て行ました。

出て行くときちょっと赤い顔になって、ペコッとお辞儀をして出て行ったので、僕は

「かわいい・・」

と思ってしまいました。

その余韻に浸ってると

「お~い。入っていいか」

と言って、例の二人が帰ってきたらしく、入ってきました。

「なになに??なにしてたの?」

と聞くので、

「体を拭いてもらってた。」

と言うと、二人は

「なんだそれ~。俺らず~と入院してるけどそんなのないよ!

誰も拭いてもらってるやついねーよ!ひいきだ!」

と言うのです。

「おっぱい姉さん、お前に興味あるんじゃね~の?いいな~いいな~」

と、からかってきました。

そんなことがあってから余計に意識するようになり、自分に都合いいように、本当に俺に興味あったりして・・なんて妄想したりして、また夜に一人でしたりしていました。

そんなときに、いいことを思いついたのです。

悪戯をして試してみようと・・・。

数日後、ゆりさんが夜勤の日がわかりました。

よし!今日実験しよう!

ゆりさんはその日、準夜勤でした。

その病院は、いつも夜勤の人達が来る1時間くらいまえ(だいたい11時半頃)に見回りに来ることは知っていたので、その時にちょっとした悪戯をすることにしました。

ただ、準夜勤者は二人なので、もう一人の人が来たら諦めようと決めていました。

その時間がきました。

僕は部屋の入り口だったので静かに廊下を覗いていると、懐中電灯を持った看護師さんがナースステーションの近くから順番に見回りをしていました。

よく見ると、それはゆりさんでした!

よし!チャンス!

僕は興奮してきました。

僕の悪戯とはかわいいいたずらで、病院の中で看護師さんを襲ったりするような非現実的なことは考えてはいません。

ちょっとした露出です。

病院の中は暑かったので、僕はいつもTシャツにハーフパンツだったので、その日はTシャツにトランクで寝ることにしました。

そしてトランクの脇から勃起したちんぽを露出して、眠ったふりをしているんです。

テレビをつけっぱなしにしておくと、明かりでちんぽはよく見えました。

脇から出して、テレビの明かりに照らされている自分のモノを見ていると、

「あのゆりさんがこれを見たらどう思うんだろう。見せてみたい。」

どんどん興奮してきました。

起きている時に出したら問題になるけど、寝ている時にパンツの脇からチンポがポロンと出ていても、問題にはならないし。

廊下を歩く足音が、隣の部屋辺りに近づいてきてるのに興奮が高まり、どうせ見せるなら少しでも硬くなったのを見せようと、ぎりぎりまでチンポを扱いていました。

そして、ゆりさんが僕の部屋に入ってきました・・・。

僕のベッドは部屋の入り口なので最初に覗くはず、テレビをつけておけば消さなければならないので、カーテンの中に入ってくるし、一瞬でも見せられる。

ドキドキして寝たふりをしていると、カーテンが静かに開く音がしました。

足元からカーテンを開けるので、テレビの明かりでちょうどよく見えてるはず、僕のチンポは最大級に勃起してトランクの脇からはみ出してる状態!

僕は心臓のドキドキを押さえるのに必死でした。

いつもテレビをつけっぱなしにしていると、どの看護師さんもまっ先にテレビを消しに来るのに、しばらくテレビが消えません。

どうしたのかな?入ってきたような音はしたけど、出て行ったような音は聞こえなかったし、かといって、今目を開けて目の前で目が合っても気まずいし。

でも、もういなかったら馬鹿みたいだし、そう思い薄目を開けようとしたとき、カーテンが開く音がしました。

僕は慌てて目を閉じると、隣のカーテンが開く音がしました。

やっぱ、今までゆりさんここにいたんだ・・。

あれっ?なんでテレビ消えてないんだろう?

ゆりさんが順番に見回りをしていき、向かいの斎藤さんのとこまで来たので、最後にまた僕のとこにテレビを消に来るんじゃないかと期待して、チンポを触りながら待っていました。

斎藤さんのとこのカーテンが閉じた音がしたので、僕はまた目を閉じて、さっきと同じ露出した状態で寝たふりをしました。

すると、静かにカーテンが開いた音がしました。

僕はドキドキしました。

ゆりさんは、明らかにさっきわざとテレビを消さないで他の人を見回った後、僕のとこにまた入ってきたのです。

そしてまたテレビを消さないで、シーんとした結構長い時間がありました。

僕はドキドキしながらも、今ゆりさんは俺のチンポを見るために、わざわざ戻ってきたことに興奮していました。

こんな綺麗な、しかも仕事柄見ることはあるはずなのに、やっぱり女の人も男性の性器は興味あるんだなとあらためて思いました。

1~2分位たったのかな。

ゆりさんがカーテンを開けて、出て行ってしまいました。

「あ~あ、もういっちゃった・・」

と思いながら目を開けて、自分の勃起したチンポを見ながら、

「今、ゆりさんにこれを見られてたんだな。どう思ったんだろう?

わざわざ二回も見に来るってことは、このチンポ気に入ってくれたのかな。

結構長い時間見てたから、ゆりさん興奮してまんこ濡れてたりして・・・」

とか、そんなこと考えていました。

ん、あれっ?なんでまだテレビついてるんだ?

もしかしてゆりさんまたくるのか・・僕の期待はたかまってきました。

ゆりさんが行ってしまった後、自分のチンポを見ながら

「これみて、どう思ったんだろう?

二回も見に来るなんて、真面目そうな顔して結構スケベなんだなー」

とか考えながら、初めてする露出に興奮していました。

おさまりが効かないほど興奮したチンポを

「どうしよう?やっぱり一発抜いてから寝ようかな?」

とか思いながら、

「でもテレビが消えてないのは、もしかしてもう一回くるのかな?」

という期待もあり、もう少し待って見ることにしました。

僕の部屋の先は残り三部屋あるので、まだまだかかるなーと思っていると、ほんの数分で部屋に誰かが入って来てきました。

ゆりさんにしては早過ぎるよな。

まさか相方の人かな?

すると、僕のベッドのカーテンが静かに開いていきました。

僕は慌てて、目を閉じ寝たふりをしました。

テレビを消すわけでもなく、ただし~んとしているので、ほんの少しだけ薄目を開けて見ると・・・。

ゆりさんが僕のチンポに(30㌢くらいまで)顔を近づけて、じっくり見ているのです。

「もう残りの三部屋の見回り終わったの?早過ぎるだろ・・」

と思うのと同時に、俺のを見る為に急いで見回りをしてきたのかな、と嬉しくなりました。

僕のギンギンに反り上がったチンポをまじまじと眺めながら、時々起きていないか僕の顔の方をチラチラ見ているので、薄目を開けているのも際どかったので、完全に目を閉じてチンポに全神経を集中させていました。

しばらくすると、チンポに何かが触れているような気がしました。

さらに神経を集中させると[指]のような感触。

硬くなったペニスを気づかれないように、優しく包み込むような指の感触でした。

ゆりさんは、眠っている(と思っている)僕の硬くなったチンポを触っていました。

僕は感動していました。

こんな綺麗な人も、男の硬くなったペニスを見せられたら触りたくなるんだなぁ。

しかも三回も覗きにくるなんて。

なんて、いやらしい女の人なんだろう。

普段の真面目な仕事ぶりと、今している行為とのギャップに興奮していました。

本当はもっと強く握って扱いて欲しいけど、そこは我慢だ!

寝ているとこを触られるなんて初めてだったけど、凄く興奮して気持ちいいものでした。

真面目な女性に痴○行為をされているようで、味わったことのない快楽でした。

その後、数分間そのような行為をされたあと、多分時間もなかったのでしょう、テレビの電源を消して、部屋を出て行ってしまいました。

その時の僕には、これが精一杯の行為でした。

後から考えればゆりさんに触られている時、起きたふりをして

「何してたの?そんなに触りたいならいいよ。」

とか言って、襲っちゃえばよかったと何度も後悔をしましたが。

それでも、あんな綺麗な看護師さんもあんなにエロいんだなと思い出すと、興奮してしまいます。

主(*´Д`)ハァハァ<もしかすると、かなり立派なモノだったのでは…?

コメントを残す