【非日常えっち体験談告白】三十路姉妹が旅館で声をかけられた男性と乱交えっち

【乱交の体験談】日頃の苦労をねぎらい、旦那が用意してくれた温泉旅行をした三十路姉妹。そこで50代の男性2人に声をかけられ…
三十路の姉妹は、旦那の気遣いで部屋に温泉のついた旅館に旅行に行くことに。そこで知り合った50代の男性2人組。彼らの部屋でお酒を飲み、酔っぱらったところで、男性が妹に手を出し始めた。姉は抵抗するも、初めて見る妹の痴態に耐え切れず…
13gg00102jp-15

三十路になっても仲良しで、Hな姉妹な私達。

私は37歳、パート主婦、子供二人で、妹は32歳、同じくパート主婦、子供一人。

主人たちが、普段私たち姉妹がパートで頑張ったご褒美として、奮発して離れのある老舗の温泉旅館を予約してくれて、その旅行に行った時のことです。

贅沢なお料理とお酒ですっかり大満足。

お風呂に入り、ロビーでお土産を見ていると

「どちらから来られたのですか?」

50代のダンディな男性二人に声をかけられました。

そしてソファに座って30分ほどお話をしてから、男性たちのお部屋でお酒をご馳走になることになりました。

男性たちは私たちを《綺麗で素敵な姉妹》と褒めながらお酒を勧めるので、調子に乗って飲んでしまい、1時間もするとすっかり酔ってしまいました。

上機嫌になった私たちは、浴衣の上から男性たちに肩やお尻を触られたのですが、口で拒むだけになって男性たちが好き放題触っていました。

「オォ~。ノーブラだ!」

お風呂上りでしたので、私がブラジャーを着けていないのに横にいた男性が気付き、さらに強く揉んだので、さすがに私も

「キャァ~!ダメですよ」

と手を振り払おうとすると

「じゃ~こっちは?」

もう一人の男性も、妹のオッパイを揉んだのです。

「イヤァ~ン。感じちゃうじゃない!」

妹が甘えた声で言ったのが、間違いの始まりでした。

妹はその男性にキスをされながら、押し倒されたのです。

すると信じられないことが。

妹が男性の舌に、自分の舌をからめたのです。

それを見て、私は

「何をしているの。いい加減にしなさい!」

止めに入ろうとすると

「お姉ちゃん。私・・もうガマンできないの!」

ビックリする返事が。

妹は3年前に男の子を出産してから

「旦那。全然エッチしてくれないの!2、3カ月に一度だけ。

欲求不満で、オモチャ買って一人エッチしているのよ。

私、浮気しようかと本気で思っているの!」

とよく愚痴を言っていました。

私の方も妹ほどではないですが、月に一度くらいで多少不満が溜まっていましたがオナニーはしていなくて、上の女の子とショッピングや食べ歩きで解消しています。

私はもう子供が欲しくなかったこと、妹はあと2~3年後は子供が欲しくないこともあって、ピルを飲んで避妊をしています。

妹も私も主人が初めての男性ではありませんが、結婚をしてからは主人以外の男性とセックス経験はありません。

私の横にいた男性も、同じように押し倒そうとしましたが

「ヤメテください。私、そんな気ありませんから!」

両手で男性の胸を押して、突き放しました。

男性はちょっとムッとした顔になり、グラスのお酒を一気に飲み干しました。

妹の方を見ると、帯が解かれて浴衣の前がはだけて、オッパイの片方を男性に吸われ、パンティの中には男性のもう片方の手が入れられていて、少しすると、私がすぐ近くにいるのに妹は男性の頭を抱いて、アノ時の声を上げました。

「オイ。こっちは駄目だって。お前だけ良い思いするのかよ!」

横の男性が言うと

「じゃあ、お前もこっちへ来いよ」

手招きしながら言うと、横の男性が妹たちの方へ行き、妹とキスをするともう一人がパンティを脱がして

「俺たち二人で、たくさん気持ち良くしてあげるからな。

大分、欲求不満のようだから!」

そう言うと、妹の大事な部分に顔を埋めて、ピチャピチャと音を立てて舐め始めました。

妹は私のことを無視するかのように、先ほどより声を大きくして、さらに腰を浮かして感じているのがわかりました。

他の人がセックスをしているのを見るのは初めてで、その場を立ち去りたい気持ちとそのまま見続けたい気持ちと、それ以上に同じようにして欲しい気持ちイがッパイで、頭が混乱してしました。

そのうちに私の大事なところがジワ~ッと濡れていくのがわかったのです。

そしてガマンできなくなり、トイレに入りました。

便座に座り、パンティを膝まで下げて、指で大事なところ触りながら一本の指を中に入れると、思わず

「アァァ~ッ!」

と声が出ました。

パンティを脱ぎ、しばらく久しぶりのオナニーをしていると、トイレのドアが急に開けられました。

混乱していて、鍵をかけるのを忘れてしまっていたのです。

「やっぱり、ここか。一人で寂しくするより、こっちへおいで。

もっと良くしてあげるから」

私の横にいた男性に手を引かれ、部屋に戻されました。

妹はその部屋にはいなくて、隣の布団の敷いてある部屋から声がして、私もその部屋へ入りました。

「オイ。こっちのお姉さんも欲しいらしいぞ。ほら!」

私の浴衣の裾をまくり上げ、パンティを着けていない姿を見せ、浴衣を脱がされました。

布団の上で赤ん坊が這う格好にさせられて、大事なところを舐められ、指を入れられると。

「アァ~ッ!気持ちイイ~」

声を上げてしまいました。

「キテ、キテェ~ッ!」

妹の大きな声がして妹を見ると、仰向で脚を開いて結婚後、初めて他の男性を受け入れたのです。

そして男性の腰の動きに合わせて、お尻を動かす度に声が大きくなっていきました。

男性にお尻をつかまれて私の中に入れられるとわかった時、主人のことが頭に浮かび、腰を振って逃げようとして、私は

「ヤッパリ、これ以上は無理です」

男性が

「わかったよ」

とそう言ったのに、腰を押さえられて動くことができなくされました。

そして男性の先の部分が私の中に。

すると私は下半身の力が抜けてしまい、それから男性がゆっくりと動きながら奥へ進んで、ズ~ンと腰を打ちつけられた時には主人のことが頭から離れて

「ダメ。ダメ~ッ。感じちゃう!」

大きな声で叫んでしまいました。

そんな私に妹が

「お姉ちゃん・・旦那たちには・・内緒にしておけば・・わからないから」

男性の上に乗って、腰を動かしながら途切れ途切れに言って、そのまま男性に抱きつき

「ハァ~、ハァ~」

と息をしました。

妹が私と同じ這う格好にさせられて、男性に腰を激しく打ちつけられて

「イヤ~。イッちゃう。イッちゃ~う!」

と叫ぶと、男性が妹の耳元で何か囁きました。

妹が頷くと男性の動きが止まり、唸り声を出しながら妹のオッパイをわしづかみにして、身体を震わせました。

私の後ろ側にいた男性は、それを見て私を仰向けにすると、私の脚を大きく開かせて入ってきて、腰の動きを速めたので、私はもうガマンできなくて

「ダメッ。イクわ。イク~ッ!」

男性はいきなり私に覆いかぶさり、強く抱きしめると

「このまま出すぞ。いいな!」

私は

「ハイ」

と答えると、腰がピクピクッと動いて射精したのがわかりました。

男性が私から離れると、妹たちの姿が見えませんでした。

「俺たちも露天風呂に行こう」

手を引かれて、部屋にある露天風呂へ行くと、妹たちが湯船で抱き合っていました。

私を見ると

「お姉ちゃん。イッパイ感じたみたいね。私も久しぶりイッちゃったわ!」

笑顔で言われて、恥ずかしくて下を向いてしまいました。

お風呂から上がると、お互い相手を変えて抱き合いました。

そして、私たちは自分の離れの布団で寝ることはなく、男性たちの部屋で朝を迎えることになりました。

起きて、自分たちの離れの露天風呂で身体を洗い、朝食を食べてから男性たちに別れを言って旅館を出ました。

「お姉ちゃん。二人だけの秘密できちゃったね。初浮気!

私、チョ~ご機嫌!気持ちも身体もスッキリよ!」

とイッパイの笑顔で言い、私も笑顔で頷きました。

このことがあってから、私たち姉妹が変っていきました。

主(*´Д`)ハァハァ<三十路になって、さらに性欲が高まったのかな。

コメントを残す