【非日常えっち体験談告白】男子高校生が女子の着替えをこっそり覗き、パラダイス!

【覗きの体験談】衣替えが終わり、薄着の女子が増えた頃。友人の発案でロッカーに隠れ、同級生の着替えをのぞき見することに。
高校2年生の初夏の日。女子は夏服へと衣替えをし、露出の多い姿に人知れず興奮していた。それだけでなく、ミニスカ姿でパンチラを多発しているような高校だった。ある日、友達と女子について話していると、友達がある計画を立てる。それはロッカーに隠れての覗きで…。
ap00360jp-5

高2の初夏。

ちょうど中間が終わり、衣替えの季節。

女の子が薄着になる季節。

当然のようにブラが透けて見えたり、太ももが露出されたりと、若い高校男子には酷な環境になります。

僕もそのうちの一人で、パンチラをゲットしたら授業サボってオナニーしてるようなバカで。

うちの学校は校則が緩く、女子のスカートが短く、スカートの短さに比例してパンツ丸見え率が高く、皆わかめちゃんでした。

ある日の放課後、僕は同じクラスの悪友のAと、教室でジュースを飲みながらだべっていました。

A「あーあ、あちぃしだりぃ。

どっかに簡単にやらしてくれる女、転がってねぇかな。」

僕「アホかお前。

小学生じゃあるめぇし。あきらめろ。」

A「んだよ!おめぇだってもてねぇだろうが。

例の子はどうした?」

僕「無理・・・振り向いてくんねぇんだもん。」

A「かぁーーーー!なさけねぇ!!

これだから童貞はよォ。」

僕「るせぇよ!てめぇも童貞だろが!!」

Aは僕と違い、女子受けする顔をしていたが、不思議と浮いた話は無かった。

はじめてAを見た時、クラスの男子ほとんどがやりチンだと思ったほどの容姿。

人は見かけによらない。

そんな不毛な会話会話を続けていると、廊下からなにやら複数の女の子の声が聞こえてきます。

会話の内容は覚えていないのですが、なにやら同時に鬼ごっこをやっていたようです。

僕たちのいる教室の前を、キャーキャー言いながら走っていく。

そんな時もチラッとパンツ見えるんですよ。

そんな光景を目にして、

A「かぁ〜〜〜!やりてぇやりてぇ!!

何なんだよこのパンチラ学校は!!!!

犯罪者でてもおかしくねぇぞ??!スカート短すぎんべ。」

僕「まったくだな。

くそ、そのくせ階段でスカート抑えながら昇るもんな、矛盾してる。

パンツ見られたくねぇならパンツはくんじゃねぇよ!!」

アホの極め。

しかし、それもまた事実ですよね?

僕「一度でいいから、好きなだけパンツみてぇよなぁ・・・」

A「N(=僕)・・・俺いい事おもいついちゃったよ。」

僕「なんだよもったいぶって、早く言えよ。」

A「更衣室で覗きすんだよ・・・生着替えを。」

概要はこうだ。

美人が多いとされる3組女子が更衣室を使う日を調べ、ロッカーに閉じこもり、思う存分覗きにふけろうと。

僕「お前・・・・頭いいじゃねぇか・・・!」

大賛成だった。

誰もいない教室に、2人の男の歓喜の声が響く。

そう、輝かしい未来についての語らいが。

がたんっっっ!!!!

突如、部屋の外で物音がした。

(女子か!?くそやばいっ!!

先公にちくられるか?

いや、女子に噂が流されちまう!!)

焦った。

心のそこから。

一瞬の間に、沢山の事を考えていた。

が、ドアの影から現われたのは、僕たちと同じクラスのWだった。

Wはクラスではおとなしい奴で、女子ともほとんどかかわりが無い。

僕たちと、ほとんど関わりは無かった。

W「・・・・・・・」

Wはじっと下を向いたまま黙っていた。

AがWに近づき、言った。

A「今聞いた事全部忘れろ、いいな!

わかったら早く帰れ!!

誰かにしゃべったらぶん殴るぞ!」

DQNかオマイは。

いや、僕も人の事言えない。

Wはおどおどしていた。

A「ちっ!しらけた、N、帰ろうぜ。」

その瞬間、Wが口を開いた。

W「・・・よかったら・・・・僕も・・・・」

人は見かけによらない。

僕とAはお互い目を見開いた。

まさかそんな事が、まさに青天の霹靂。

僕「W・・・お前いまなんっつった??」

急にWの表情が凛々しくなった。

W「凄い企画だよ、僕も参加したい。」

僕&A「W・・・・・・・」

Wはニヤリと微笑んだ。

更衣室にロッカーが一つしかなかったので、その日に空き教室からロッカーを運び込む。

決戦当日。

その日は大雨が降っていた。

早めに学校に来て、ロッカーの中にスタンバイ。

三組の体育は一限目だったので、それまでに誰にも気付かれず、侵入しなければならなかった。

朝のHR終了のチャイムが鳴り響いた。

いよいよだ・・・。

三人とも、朝から口数は少なかった。

おそらく、ひどく緊張しているのだろう。

無理も無い。

Aにいたっては、めの下にクマを作っていた。

眠れなかったのだろう。

一秒が一時間に感じられるほど、時間が経つのが遅かった。

くそっ・・・まだか・・・。

ガラァッッッッッ

扉の開く音だ!!

三人の漢たちに緊張が走る。

誰だ、誰が入ってきた?!

入ってきたのはどうやら三人、学年で五指に入るほどの容姿を持つE、巨乳のF、それにダンス部のスレンダーなクールビューティーGだった。

当りだ!!!

この時点で息子が反応している。

E、Gは、僕からは見えない位置に移動してしまった。

しかし巨乳Fは僕のまん前!!

来た来た来た来た!!

Fがおもむろにブラウスのボタンを外しにかかる。

おおぉ!おっぱいか!?

衣擦れの音がし、女子高生に似つかない巨大な乳房が現われた。

あわわわ・・・・でかでかでかっ!!!!

お次はスカート。

腰のあたりに手を当てて、ホックを外していった。

ふぁさっと共にスカートがすべり、Fはブラとパンツ、そしてルーズソックスだけというなんとも興奮する姿になった。

大胆だなぁ・・・。

そこにEがFの後ろに立ち、Fのおっぱいをもみしだいた!

E「こらこらこら〜、なによこれ!

これで男をたぶらかしてるのかぁ〜?」

F「やん、やめてよぉ〜。えっち!」

かあさん、産んでくれてありがとう。

目の前で女の子が女の子の胸もんでる。

無意識に股間に手が伸びる。

2、3回こすっただけでいってしまった。

すげぇすげぇ!

おいおいおい、こんな幸せでいいのか、って思うほど幸せだった。

それから目まぐるしく、くるわくるわ。

パンツやブラの嵐。

中にはノーブラ、でおっぱい晒しちゃってる子もいました。

それをおかずに何回もオナニーをしていると、なにやら聞き覚えのある声が。

Tの声じゃんか!!!

やばいやばいやばい。

まさか、なんでTが?

理由はともかく、パニクった。

着替えるポジションも僕の目の前・・・。

付き合ってもいないのに(その四ヵ月後に付き合いますが)裸を見るなんて。

なんだかTに申し訳なく思った。

自分がバカみたいだった・・・。

やめよう、Tだけは裏切れない。

そう思いました。

その時、Tの友達の一言が、僕に一線超えさせました。

「ねぇーT。N君のことどう思ってるの??

アドレスきかれたんでしょぉ〜?このぉ!!」

おおぉ!!

Tが僕の事どう思ってるか聞ける!!

さぁ!どうなんだ?!

T「ええぇ〜、別に・・・何もないよ。

ただのお友達っ!」

ただのお友達・・・ただのお友達・・・ただのお友達・・・ショックでした。

掃除ロッカーの中、人知れず泣いてしまいました。

間接的に振られちゃったよ・・・。

もう僕を止めるものは、何もありませんでした。

もう僕の中で、彼女を汚す事しか頭の中にはありません。

さぁ、脱いでみろよT!!(泣)

Tはスカートに手をかけます。

おおぉ!スカートからなんだね?!

Hな子だねっ!!

さぁぬげ!恥ずかしい姿を見せろ!

まさにその瞬間!!

きーんこーんかーんこーんきーんこーんかーんこーん

T「チャイム鳴っちゃった!

教室もどんないと!」

・・・・・・・・

1限目が始まり、誰もいない女子更衣室、ロッカーから三人の男が出てきた。

僕「・・・・・」

A「・・・おい、おちこむなよ、な?

沢山パンツ見れたからいいじゃねぇか!」

W「N君・・・」

その日から、友情が芽生えたのか、僕たちは何かと三人で行動するようになった。

いっしょにAV借りたり、修学旅行先でお風呂を覗いたりと・・・。

主(*´Д`)ハァハァ<青春時代ならではの懐かしい思い出だね。

コメントを残す