【非日常えっち」体験談告白】顧問のパンティをこっそりクンクン

【変態の体験談】部活の合宿に行ったとき、腹を壊して1人で宿に戻る。女子の部屋には先生の使用済みパンティがあって…。
高校性の時、グラマーな顧問がいるという不純な理由で、英語部に入った男性。高校2年生の時、夏に部の合宿に参加することに。顧問と女子だらけの部員とともに、楽しい青春を送っていた。腹を壊して宿に戻ると、ある妙案を思いつく。顧問のいる部屋に入り、下着を物色し…。
kunk00054jp-6

高校の時、俺は英語部に入っていた。

別に英語が得意でも好きでもなかったのだが、当時20代半ばのえらい美人のグラマーの先生が顧問だと知って、はっきり言ってスケベ心だけで入部したのだ。

その部は、美人の顧問にもかかわらずとてもこじんまりしていて、3年間で部員が10人を越えた時はなかったぐらい、とてもマイナーで目立たない存在だった。

活動も地味で、1冊の英文の小説をみんなで読んで要約したり、日本の短編小説をみんなで分担して英訳したりといったものなのだが、そんなに真剣ではなく部室で雑談という日も多かった。

でも、美人の顧問の先生とは週に2,3回は会話できたし(活動日は基本的に月水金)、部員もほとんど女子だったのでブサイクな俺にとっては結構楽しい時間だった。

(格好付けるために結構勉強するはめになったが)

そんなおとなしい部活だったが、俺が2年の時、一度だけ合宿というやつに行ったことがあった。

その時の部長が珍しく活発な女子で、企画や段取りを一人でまとめてくれたので実施できたのだが、夏休みも後半8月下旬に2泊3日、電車で1時間という近場に出かけた。

参加したのは女子4名、男子2名と顧問の先生をあわせたたった7名だけだったが、俺はもちろんみんなも遠足気分で結構盛り上がっていたと思う。

宿は公共宿舎だったけど、まあまあ立派で、勉強のための小会議室やテニスコートも借りてスタイルだけは整ってた。

そんで一応1日目は会議室でまじめに輪読などして過ごしたが、2日目は午前はハイキング、午後はテニスに興じた。

どっちもお遊びレベルだが、私服の女子達とのふれ合いは何であっても楽しく、英語部に入って良かったと心から思えた時間だった。

そんなんで浮かれすぎたというわけではないのだが、これからテニスという時に、俺は腹痛に襲われてしまった。

もちろん襲われたからといって、ウンコを悟られるのはいくらブサイクな俺でも恥ずかしいので、取りあえずみんなと一緒に外出し、忘れ物を取りに行くふりをして事を済ますことにした。

そして、もうかなりヤバイという頃にさりげなくみんなから離れ宿に向かい、事なきを得たのだが、そこである事に気づいた。

(今なら女子部屋に入れる・・・)

そう、俺はブサイクなだけでなく、当時から変態だったのだ。

そして、今はとてつもないチャンスであることも悟っていた。

さっき、俺はフロントで××高校○○室といってカギをもらったのだが、そのカギはまさに女子部屋のものだった。

もし指摘されたらとぼければいいと、大胆に考えていた。

ばれるはずがない、勝手な強い思いこみを持って俺は堂々と女子部屋に侵入した。

すると、どうだ。

香水なんて誰もつけてないはずなのに、そこは何とも良い匂いが立ちこめている。

この匂いだけで、十分なネタになるほどだった。

先ず思い切り深呼吸すると、ゆっくりと部屋中を見渡し、みんなのカバンを探した。

そこはさすが、まじめな女子の部屋。

きれいに整頓されていて、カバンもきちっとすみにまとめてあった。

俺は真っ先に先生のカバンを探した。

好物にはすぐに箸をつけるタイプなのだ。

先生のカバンはたぶんブランド品だったと思うけど、ともかく高校生とは明らかに違ってたので、すぐに見つけることができた。

・・・そして、手がすでに汗でベトベトになってたので、ファスナーをハンカチでつまんで、ゆっくりと開帳した。

(おおっ・・・)

たぶん化粧品の匂いだろう。

カバンからも何とも良い匂いがふわっとあふれてきた。

(さて、あれはどこに・・・)

俺の目当ては、そう、昨日一日着用したと思われるパンティだ。

童貞で生マンコなんて高価な外国製品のように思っていた俺は、代替品でも十分満足できた。

ベタだが縦笛でも良いくらいだったので、今ゲットできそうなパンティなんて、生マンコ同等のお宝だ。

昨日は特に何もしなかったが、移動や何やできっと十分にエキスを吸い取ってるはずだ。

俺はその妄想だけでギンギンになっていたが、手は冷静にカバンをなるべく荒らさないよう探った。

そして、すぐに底の方に沈められた上品そうな布袋の中からお宝は発見された。

(こ、これが、先生のエキスを吸い取ったパンティ・・・)

この時小指の先でもちんちんにさわってしまったら、間違いなく射精してしまっただろう。

当然抜くにしてもいきなり暴発はさけたかった俺は、股間に刺激を与えないよう開脚気味にしてお宝をそっとつまみ上げた。

薄いブルー。

シンプルだが、大人の女を十分に感じさせる形。

そしてさらっとした手触り。

まさに先生らしいパンティだった。

俺は両手の親指と人差し指でハンガーのようにかざすと、360度ビューのようにまじまじと眺めまくった。

そして、ついに、禁断の内側クロッチ部分に目を落とした・・・。

(おおおお・・・・)

そこには長さ3センチ、幅0.5ミリほどの、ほんのり薄い黄色のシミができていた。

(これは先生のおしっこ漏れか、それとも別の分泌物か・・)

引きつけられるように、俺の顔はシミめがけて沈んでいった。

(うううっ・・・)

たちまち臭覚は、ツーンとしたアンモニア臭を捉えた。

だがすぐに、アンモニア以外の匂いが混ざってることも悟った。

(こ、これが女のマンコの匂いなのか・・・)

童貞の俺にはわからなかったが、男を狂わす匂いには違いなかった。

(ぐふっ)

俺は思いっきり先生のパンティを顔に押しつけると、鼻と口にシミをこするように上下させた。

(せ、せんせい、せんせい・・・)

この時、俺の脳は先生の想像マンコで支配され、完全に異次元にいった。

例え、だれかが今部屋に入ってきても、止められない!

いや、止めるもんか!

妄想の俺は、先生のマンコを舐めまくっている。

そしてリアルでも、先生のシミを舐めまくっていた。

(あ!)

しかしクセというか、無意識に右手がちんちんに伸びてしまい、俺はあっというまに爆発していた。

(やば、パンツの中に出してしまった・・)

あまり強すぎる刺激にブレーキがきかず、俺のパンツはザーメン湖とかした。

量もハンパではなかったのだ。

だが、この大量射精が少しずつ理性をとりもどさせた。

とりあえずザーメン湖を何とかしなくては。

この非常事態に俺は断腸の思いで先生のパンティを元に戻し、ザーメンがジーパンを決壊して畳みを汚してないか
確認した。

ジーパンにはシミが出来ていたが、とりあえず部屋は汚してなさそうなので、俺は部屋を出ることにした。

それからかなりの時間を後始末に使ったので、お楽しみはあれだけで終わった。

けど、結果としてみれば女子部屋をザーメン臭で汚さず済んだかもしれない。

本当は部長のパンティやSさんのもみたかったが、何か少しでもしくじれば、人生終了にもなってたかもと思う。

もちろん、その後はそんなチャンスもなく卒業となったが、先生のパンティの記憶は未だにA級のオナネタだ。

主(*´Д`)ハァハァ<思春期のころでは、とんでもないご褒美だったね!

コメントを残す