【非日常えっち体験談告白】小さな頃から知っている患者の子と…

【病院での体験談】手術のために入院してきた15歳の少年。彼は小さな頃から知っていて、自分を女として見ていることも知っていた…
勤めている病院に、小さな時から病院でお世話になっている男のこの患者がやってきた。体を拭いていてあげると、思わず勃起。抜いてあげた数日後。今度は胸を触りだす。男の子の性欲は高まり、退院後。彼を家に招いてついに筆おろし!何回射精しても止まらない若さ!
ipz00955jp-5

九州の個人病院で働く、28歳の看護婦です。

今年の5月、15歳の男の子が手術のため、入院してきました。

私が看護学生のころからよく入院していたいたので、お互いよく知っていました。

朝の体拭きのときのことです。

彼のちんこが急に元気になっちゃいました。

子供の時の感覚でいた私は、一瞬ドキっとしました。

小さい頃に入院したときは、一緒にお風呂に入って、無邪気におっぱいに触ったり、乳首に吸い付いたりしていた子が男になったんだ・・・。

そう思いました。

石鹸を泡立てガーゼでちんこを洗い始めました。

さっきより、大きく硬くなってきました。

「気にせんでいいよ。

看護師さん達も気にしてないけん。」

と言いながらも、私はさらにちんこを刺激し続けました。

そして、裏筋を洗っているときのことでした。

指に精液が流れてきました。

「ごめんなさい」

と彼が言ってきました。

「気持ちよかった?」

「うん」

「一人エッチしてないと?」

「体動かすと足痛くて、できん」

「そうなんだ、まだ出る?

してやろうか?」

「せんでよか」

「でも、まだ勃ってるやん。

してやる」

と言って、また彼のちんこを握り、ゆっくりしごいてあげました。

また、脈を打つのがわかるほど硬く大きくなり、大量の精液を出しました。

若い子はすごいな。

その日から4日ほど、ローテーションのため、彼に会う機会がありませんでした。

次に会ったときは、痛みもだいぶ引いたみたいで、笑顔でした。

「元気?痛みどう?」

「だいぶ、いいよ」

「そう、じゃ体拭こうか?」

「うん」

[shortcode]

体を拭きながら、昔のことを話しました。

「私とお風呂に入ったこと、覚えてる?」

「うん、覚えてる。

おっぱい見るの、楽しみやった。」

「触ったり、吸い付いたりしてたんよ」

「5歳くらいのときじゃん」

「おっぱい触りたい?」

「うん」

「いいよ、触って」

彼の手が、私の胸をぎゅっと握り、揉んできました。

「今も大きいでしょ。」

そして、私も彼のちんこを握り、ゆっくりしごいてあげました。

そして、大量の精液をだしました。

それでも、しごき続けました。

結局5回もイッタんです。

すごーい。

「ギブスとれたら、一緒にお風呂入りたい」

「病院じゃ無理だから、退院したら家においで」

「うん」

彼が退院するまで、こんな関係が続きました。

そして、彼が退院して一ヶ月くらいたった土曜日。

約束通り、彼を家に招きました。

とりあえず、お昼ご飯を二人で食べた後、お風呂へ入りました。

彼を先に入れ、私は後から入りました。

彼のちんこは、もうすでに大きくなっていました。

私も彼のちんこをさわり、玉をさわっていたら、もうイッちゃったんです。

「でちゃった」

「まだ、イケるでしょう」

そう言って私は彼のちんこを口に含み、ゆっくりフェラしてあげました。

玉を口に含んだり、裏筋を舐めたり、自分の知っている技全てを使い、2回目の爆発。

その後はお互いに洗いっこして、ベッドへ・・・。

私は下になり、彼に乳首を丁寧に舐めさせあと、アソコを舐めせました。

そして、クリトリスを舌で舐めまくってきて、思わず私が先にイッてしまいました。

彼のちんこはもうガチガチで、先っちょも濡れていました。

彼のちんこを握り、アソコへ導きました。

彼はものすごい勢いで腰をふってきて、あっと言うまにイッちゃいました。

「まだ、抜かないで」

と言って、私が腰を振ると、またすぐに大きく硬くなってきて。

彼もまた、思い切り腰を振ってきます。

ものすごい勢いで、私も失神しそうになるほどでした。

お風呂の時から数えて、4回も出してるのに、まだ元気なんです。

今度は、彼を下にして騎乗位で攻めまくりました。

こんなに乱れたのは、初めてでした。

とにかく腰を振りつづけ、この状態で2回も彼はイッタんです。

もう私も乱れまくっていて、イッタばかりのちんこをフェラして元気にすると、バックで突いてもらいました。

終わった頃には、もう夕方でした。

結局、お互いイキまくりでした。

それにしても、この年頃の男の子はすごい。

主(*´Д`)ハァハァ<訛ったナースも良いな!

コメントを残す