【非日常えっち体験談告白】医者に揉まれる嫁の姿を見る羽目に!

【病院での体験談】怖がりな嫁に同行して乳がん検診。医者・看護師・俺・嫁の環境で胸を晒す嫁に…
32歳の嫁に乳がん検診を受けさせるために、自分も同行することに。嫁は極度の怖がりで、検診方法を教えてもらうということで、夫婦で診察室へ。医者が嫁の胸を触る触る!嫁は顔真っ赤で乳首立たせてますけど…そして俺まで実践させるわけで…何この羞恥プレイ!
h_254cand00072jp-3

嫁(32)が、乳癌検診を受けた…。

というか、受けさせた。

結果は、もちろんシロだったんだが、この検診がエロかった。

嫁は物凄く怖がりで、一人では何もできない人なので、俺も診察室に一緒に入った。

普通なら、入れてもらえるわけがないのだが、

「視診・触診のやり方を教えてほしい」

と頼んだところ、

「それは早期発見のためにも望ましい」

ということで、許可が出た。

診察室に入り、最初に乳癌についての説明の後、問診があった。

痛みや引きつるような感覚、その他、違和感はないか等。

嫁自身に一通りの質問をした後、触った時に、シコリがないかという話になった。

これ、嫁だけじゃなくて、俺にも聞いている。

「ご主人、奥さんの乳房を揉んでいて、シコリとか感じた事はないですか?」

いや…ないと思いますが…。

「揉んでいて」って、そういう聞き方するか?

嫁、真っ赤になって、下を向いてしまった。

いよいよ、検診。

「では、見せてもらいましょうか。

奥さん、上半身を脱いでください。

ご主人は…そうですね、私の隣りに来てもらいましょうかね。

奥さんのほうを向いて。」

何?このシチュエーションは?!

嫁の正面に医者で、斜め左前に俺。

右隣りには、看護婦さん。

嫁、俯いて俺から視線を逸らせたまま、ブラウスのボタンを外し始める。

この間買ったばかりの、淡いクリーム色の可愛いブラだ。

両脇でブラを落ちないように押さえながら、両手を背中に回してホック外し…。

左腕で胸を隠しながら右手でブラを外して、傍らのカゴに…。

ブラウスの下に隠すように入れる。

おい、嫁がおっぱい隠すなんて、久々に見たぞ。

なかなか、イイじゃないか?

両腕を胸の前で交差させて、自分の胸を抱くような感じ。

やっぱり、隠すと余計にエロいね。

「ハイ、そしたら両手を上に。

頭の後ろに組んで、胸を張るように」

「ハイ」

嫁、諦めたように腕を上げる。

うん、やっぱり貧乳だ。

他の男(…医者だけど…)と、一緒に嫁のおっぱいを観賞する…。

いや、観察するなんて。

嫁、中途半端に恥ずかしがってるだけに、なんかすごく萌える。

医者の手が、伸びる。

おい、いきなり触るのか?

両手で両乳の外側、乳首の少し横あたりを押さえながら、俺に話しかける。

「まずは、指先…3本位がいいと思います。

真ん中から外側に向かって。

ふもとまでいったら、今度は乳首のほうに向かって、押さえて行きます。」

「ゆっくりと、シコリがないか、感触を確かめながら。」

な…なんて羞恥プレイだ。

ヒトの嫁のおっぱい触っといて、その感触がどうたらこうたら。

「少しずつ場所を変えながら、乳首の回りを一周しましょう。

放射状に、16分割ぐらいのつもりで。」

乳首、乳首、言うな!

それに、オイ!

指先が乳暈にかかってるって!

「ご主人、やってみますか?」

なんだよ、自分のモノを他人に譲るみたいな言い方だな。

まあ、言われた通りにやってみる。

[shortcode]

なんで、人前で嫁のおっぱい触ってるんだろ?

「はい、そんな感じで。

優しく強く、丁寧に調べてあげてください。」

「はい、いいですよ。

では次は、こう、乳首の回りをチェックしましょう。」

おい!それ、ほとんど愛撫だぞ!

嫁は乳首、めちゃくちゃ感じやすいんだから!

「乳首の先端に指先をあてて、乳首を上から下に倒すように押さえて。

シコリがないか、そして不自然な引きつれがないか、目でも良くみてください。」

「今度は反対、下から上に乳首を倒して…」

だから、乳首、乳首、言うな!

気安く、ヒトの嫁の乳首、触るんじゃねえ!

「今度は外側に…内側に…」

ホレ見ろ…いや、見るな。

固く尖ってきてるじゃねーか!

それは、シコリじゃないぞ!

感じてる…としか思えない。

思いながら、同じように、嫁の乳首を押さえてる俺。

そして、完全に乳首を尖らせてる嫁。

オマエ、なにモジモジしてるんだ。

やばい。俺の方も、勃ってきやがった。

「はい、では横になってもらいましょうか。」

やっぱり片手でおっぱい隠しながら、ベッドに仰向けに寝る。

「えっと、手は横に、楽にしてください。」

あ゛ー、またおっぱい丸出しだ。

当たり前だけど。

しかしまあ、仰向けに寝ると、徹底的に貧乳だな。

良く考えたらこんなに明るいところで、こんなに無防備な嫁の裸見る機会なんて、そんなには無いよな。

「はい、こんなふうに仰向けに寝てもらう事で。

乳房がこう平べったくなりますから、これで発見しやすくなる場合もあるんです。」

平べったくって、悪かったな。

俺は巨乳よりも、こういうのが好みなんだよ。

「さっきと同じように、指先で押さえながら。

放射状にぐるっと一周、チェックしましょう。」

あああぁ…勘弁してくれ。

触りすぎだよ。

「ここでも、乳首のまわりを良く見てあげてください。」

だから乳首、乳首、言い過ぎだってぇの。

「こう乳首の下、乳暈のあたりを押さえて、乳首を引っ張るように。」

さてはオマエ、乳首フェチだろ!

「上下左右から。」

嫁、もう涙目だよ。

「ハイ。では次は、この3本の指で…。

指先から第二関節あたりで、乳首全体を押さえて…。

乳暈が、乳首のまわり、茶色に色付いてる部分のことですよ。

(知ってるよ!)

全部、隠れるぐらいがいいですね。

少し強めに…グルグルと円を描くように、マッサージするように。」

ま…待ってくれ!

乳首マッサージ!

それ、完全に愛撫だ。前技だ。

嫁、目ぇ瞑って息が荒いし、太腿モジモジしてるじゃねーか。

もう絶対濡れてるよ、コイツ。

だって今までこんなことされて、濡れなかったことなんて無いもん。

「ハイ、異常ないと思いますよ。

ご主人もやってみてください。」

うわ、乳首完全に勃ってる!

指の腹に、プリプリとした感触。

嫁、目を閉じて眉の間にシワをよせて、一生懸命こらえている様子。

両脚をピンと伸ばして、脚の指先をグッと曲げて・・・。

こらえきれずに息を荒くして、時々お腹のあたりをビクンと振わせる。

なんで人前で、嫁裸にして、愛撫してるんだろ。

つーかこれ、3Pだよ。

「ハイ、もういいでしょう。

ご主人、要領わかりました?」

急に話しかけられた感じで、ちょっと慌てた。

「は…はい。ありがとうございました。」

嫁のおっぱいみられて、触られて、お礼言ってるよ。

「これからも時々、こうやって触診してあげてください。

ご主人が奥さんの乳癌を発見されるのって、少なくないんですよ。

いや、冗談じゃなく。

しかも大抵は早期発見で、治癒率も高いですしね。」

言いながら俺をどかせて、また嫁のおっぱいに手を伸ばす。

「じゃあ、もう少し見させてもらいます。」

そしてこの後、超音波のエコーで見てもらった。

支払い等待っている間も、嫁は俯いてなんだかモジモジしたまま、一言も喋らない。

帰り、車に乗ってからも。

そりゃ俺の目の前で、医者とはいえ診察とはいえ、おっぱい触られて感じてしまったんだから、無理もない。

そして家に帰って速攻、襲いかかったのは言うまでもない。

主(*´Д`)ハァハァ<確かに健全な雰囲気だからこそ、意識して感じるってこともあるよね。

コメントを残す