【逆ナン体験談】ギャルだらけの飲み会に何故か参加。乾杯だけのつもりが…

【逆ナンでの体験談】夜中の商店街でギャルに声をかけられ…
夜中の商店街で声をかけてきたギャル。飲み会をする友達の家まで乗せて欲しいそうだ。仕方なく送ってあげると、一緒に飲もうと誘ってくる。お礼に「乾杯だけでも」と半ば強引に押し切られて部屋に入るとそこにはさらに5人のギャルが居て…。
thum_00001

【逆ナン体験談】ギャルだらけの飲み会に何故か参加。乾杯だけのつもりが…

仕事の飲み会帰りに、地元の商店街を1人ノコノコ歩いていた。深夜3時過ぎということもあり、人通りは極端に少ない。車もほとんど通らない交差点で信号待ちをしていると、

「あの~・・・すみません・・・」

振り向くと、1人のギャル。長身、黒髪、しかしギャルとしか言いようのない化粧。

俺「どうしました?」

ギャル「近くに住んでるんですか?」

俺「いや、車で15分ぐらいだよ」

ギャル「車ですか!!」

宝でも探し当てたような表情で言う。

ギャル「友達の家まで乗せてってくれませんか?」

俺「いや、無理です」

ギャル「すみません・・・」

諦めてトボトボ歩き始めた。そうなってくると、何故か俺が悪いことした気分になってくる。

俺「いいよ。乗っていきなよ」

ギャルは救われたって表情でこちらに戻ってくる。車に乗り、話を聞くと、サヤ19歳、167cm、彼氏無し。今から友達の家で飲むらしい。

サヤ「近くなんで、すみません。」

ものの10分で到着。すると、

「一緒に飲みますか?」

の誘いが。

俺「いやいや、オレ車だから」

サヤ「せっかくだからジュースで乾杯だけでも」

もはやそのやり取りさえ面倒くさかったので、乾杯だけ参加して帰ることを決意。部屋に入ると、動物園かっ!ってぐらいにヒョウ柄、ゼブラ柄。なにより驚きは、ワンルームに5人ギャル。サヤ入れて6人。俺入れて7人。どこに座っていいかも分からない状況。

酒は飲まない!ってことで、カルピスを受け取り、乾杯。うん。ギャル×6・俺×1、実に居づらい。ハーレムといえど相手はノリノリなギャル。乾杯を終えて帰ろうとすると、ド金髪のギャルに突然、

「フェラしてあげるよ」

意味が分からない。何故俺がフェラされるんだ。サヤ以外、歳も名前も知らないのに。まだ誰も酔ってないし、人数構成的に、どうなるか未知数過ぎる。

俺「意味分からない!頼んでない!」

ド金髪「ギャル嫌い?」

いやいや、論点が違う。ギャルじゃなくても拒否するさ。しかしながらなんだかんだで囲まれる俺。みんなのテンションが高すぎて、俺の話は誰も聞いてない。車に乗せてきたサヤさえもノリ気。6vs1じゃ勝ち目もなく、脱がされる俺。仰向けに寝かされて6人が迫ってくる。しかしもう状況が異次元過ぎて、俺の頭にはエロは存在していなかった。

ところが、だ、ド金髪のフェラが凄い。口も舌も全く使わずに喉の奥で咥えてくる。しかも自ら喉の奥に当てまくる。悔しいがアホみたいに気持ちいい。その間、身体中を舐めてくる残りの5人。

ド金髪「次誰がいい?」

俺「いや、もういいよ」

ド金髪「ダメ、選んで」

俺「ショートの子」

ド金髪「いいよ!この子ドMだから、いっぱい突いてあげて」

俺「フェラじゃないの?」

ド金髪「フェラだよ」

ショートカットが咥えてくる。そのショートカットの頭を持って、ド金髪が抑え付けてくる。喉の奥に飲み込まれるのが分かる。ボコボコ音をたてながら喉奥を濡らすショートカット。話にならないぐらい気持ちいい。するとサヤがベッドに仰向けになり、頭だけベッドから落として笑っている。

サヤ「私のもして」

謙虚に話し掛けてきたお前はどこに行ったんだ。

サヤ「アソコだと思って突いて」

俺「あ・・・」

俺に拒否権はない。ド金髪とショートカットのお陰様で、イラマの気持ちよさを知ってしまった俺は、何かに怒り狂ったかのように仰向けのサヤの喉に刺した。なんだろうか、新しい感情が芽生える。それは殺意に近い何かだ。

“壊れてしまえ”

そう思いながら突きまくってやった。当たり前だが、喉は相当狭い。キツいアソコの何倍もキツい。我慢ならず喉奥に射精呼吸困難全開のサヤは意識半飛び。だが何故か

「気持ちよかった」

って言ってる。さっぱり分からない感覚だが、そうらしい。

結局そんなことが続いて昼前に帰宅したが、なぜかサヤが付いてきた。飯食って、ゴロゴロしてたが、最後までSEXは無く、ひたすらに喉を突いていた。6人に言われた。

「またしてね」

が、怖くて怖くて楽しみだ。こんなことって現実にあるんですね。

 

 

主(*´Д`)ハァハァ<こんなエロドMギャルはどこで出会えるのww

コメント一覧

  1. 告白しよう!えっちな体験談 より:

    まあ、夢の世界の出来事と想いましね。
    また、性病気にならないようようにきよつけなはれ。

コメントを残す